image

赤ちゃんの肌はとても敏感でデリケートなので、少しのことでかぶれてしまったり湿疹になってしまったりと、何かとお手入れが大変ですよね。

生まれてすぐはツルツルすべすべのお肌だったのに、退院して少ししたら顔に赤いプツプツが・・・

「湿疹ができたから薬を塗っているのに治らない」

「これってアトピー?」

そんな心配がないように、ここではアトピーの特徴についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんのアトピーの特徴は?

赤ちゃんの白くてスベスベのお肌が、赤くプツプツしてくるとママはとても心配になってしまいますよね。

私の息子も生まれてすぐに顔にニキビのようなものが出来てしまい、突然のことでビックリしてしまった経験があります。

でもこの「赤いプツプツ」は「乳児湿疹」と言って、多くの赤ちゃんが経験することなんです!

 

では、「乳児湿疹」とは一体なんでしょう?

「乳児湿疹」とは、乳児期に起こる湿疹の総称です。

症状としては、

・肌が赤くなる

・水ぶくれができる

・かさぶたのようなものができる

などです。

主な原因としては、

・おむつかぶれ

・あせも

・ミルク、よだれの拭き残し

・食べ物アレルギー

などが挙げられます。

 

赤ちゃんの肌はとても薄く敏感なので、少しのことで過剰に反応してしまうんですね。

特に生後0~3ヶ月頃は皮脂の分泌が多いので、顔や頭にニキビのような赤く腫れた湿疹ができるそうです。

この場合は、汗をかいたところをこまめに拭きとってあげ、清潔な状態を保ってあげることで自然と治るそうです♪

だいたい、1歳になる頃までに治ることが多いそうです。

 

「乳児湿疹」は、この「自然に治る」というところがポイントです!

ただしアトピーの場合はこの炎症が長く続いたり再び繰り返したり、さらにかゆみをも伴います。

特徴としては、

・かゆみがある

・湿疹が2~6ヶ月ほど続いている

・肌が粉を吹くほど乾燥している

などがあります。

これらの特徴が見られる場合には、「アトピー」を疑ってもよいでしょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのアトピーは治るのか?

image

さて、もしも我が子がアトピーになってしまったら・・・

まずは自宅でのケア方法を見ていきましょう!

すすぎ残しをしない

お風呂で頭や顔、体を洗ったあとは十分にすすぐようにしましょう。

少しでもすすぎ残しがあると、刺激によって皮膚が炎症を起こす原因になります。

特に首の周り、耳の裏、脇、ひざの裏など、シワになっている部分や見えにくいところは注意が必要です。

また併せて、使用するシャンプーやボディソープも必ず赤ちゃん専用のものを使い、成分も低刺激なものを選ぶようにするとなお良いですね^^

十分な保湿を

お風呂から上がったあと、または乾燥が気になる季節にはこまめに保湿をしてあげることが大事です。

夏場も、汗をかいた後は乾燥しやすいので注意が必要です。

入浴後はなるべく肌に水分があるうちに、保湿剤を塗ってあげると効果が高いですよ♪

 

我が家が実際に使ってみてイチオシの保湿剤はファムズベビーと言うんですが、母子手帳でもオススメされているので耳にしたことのある方も多いかも?

実際に使ってみた様子を画像付きでご紹介しています。

ファムズベビーをアトピーで乾燥肌の子供に使ってみた口コミ | 子育て小町
わが子はひどい乾燥肌と軽いアトピー持ちです。 赤ちゃんの頃から脂漏性湿疹に悩まされ、耳切れもひどくグジュグジュ。 成長してからも、ワセリンなどで保湿しても目に見えた効果は得られず、毎晩のようにかゆいかゆいと言ってなかなか寝付けません。 (背中を掻いてあげながらならすんなり寝付けますが、それも衛生的にどうなのかなーと…(*_*;) ステロイド剤のお世話になったこともありますが、塗っている間は良いけどやめるとまた荒れてしまいます。 そんな我が子に以前から気になっていた、母子手帳の副読本でもオススメしている「ファムズベビー」を使ってみました。 実際に使ってみた様子を画像付きで口コミレビューしてみたいと思います。 ファムズベビーの口コミは高評価が多数 うちの子乾燥肌がひどくて、夜もかゆいかゆいって泣くんだよねー。 おかげで寝不足だし…。 保湿剤もワセリン塗ってるんだけど、ベタベタするのが嫌って言うし、 「ステロイド剤はしみるから嫌!」って逃げ回るんだよー。 わが子は乾燥肌がひどく保湿剤やステロイド剤を病院で処方されてはいたのですが、 薬を塗るのを嫌がって困っていました。 私自身はステロイド剤を使ったことがないので分からないのですが、わが子曰く「しみる」んだそう。 それはかわいそうだよなー…と思っていたところ、ママ友の家にお邪魔したときに 「うちの子に塗ってるファムズベビーって結構いいよー。」 と見せてもらったのがファムズベビーを知ったきっかけでした。 ママ友の赤ちゃんも肌荒れがひどく、耳やほほのあたりがガサガサだったそうなんですが、使い始めてからは格段に良くなったと。 ネット上を見ても、ファムズベビーの口コミって高評価のものが多いんですよね。 そんなに良いことばっかり書いてあると疑いたくなっちゃいますが(笑)画像付きで使った様子を載せているサイトが多いので、これは本当に良いものなのかもしれない…。 実際にわが子にも効果があるのか試してみました! ファムズベビーをわが子に使ってみた まずはファムズベビーを使い始める前のわが子の肌状態。 肩回りがいつも肌荒れがひどく、赤みを帯びてかゆくて自分でかきむしってしまった跡がカサブタになってしまっています。 それと腰からおしりにかけて。ここも同様にかきむしりの跡。

その他、よだれや汗はこまめに拭き取るようにしましょう。

放っておくことで悪化してしまう場合があるからです。

 

衣類もなるべく肌に刺激のない素材のものや洗剤を選ぶといいです。

詳しくはこちらの記事で書いています。

赤ちゃんの洗濯洗剤はいつまで必要?大人用と何が違うの? | 子育て小町
長い妊婦期間を終え、やっと赤ちゃんが生まれてホッと一息・・・といきたいところですが、赤ちゃんの為に準備しないといけないものは山ほどですよね。 色々なお店でモノを見比べて、これはいるのかいらないのかを見極めていく中で、 赤ちゃん用の「洗剤」? 何それいるの? 大人用洗剤で一緒に洗っても大丈夫だよね! ・・・と、買うものリストから除外するママが増えているそうです。 実際、私も洗剤に関しては買うのを後回しにしていました…。 ですが、赤ちゃん用の洗剤と大人用の洗剤では大きな違いがあったのです! 赤ちゃんと大人の洗剤の違いは? 大きな違いとしては主に二つです。 それは「蛍光増白剤」と「界面活性剤」の含有量です。 聞いたことはある名前だけど、果たしてそれが何なのか知っている方は少ないと思います。 そこで、この二つの成分についてご説明しますね。 蛍光増白剤とは まず「蛍光増白剤」についてですが、この「蛍光増白剤」とは、衣類を白く見せる為の化学薬品です。 ただ、本当に繊維の奥から汚れを落としているのではなく、あくまでも「白く見せるため(=増白)」という意味のものだそうで、こんな成分赤ちゃんには必要ないですよね! 汚れを落としたいのであれば、赤ちゃん用洗剤にも含まれる「界面活性剤」で十分に落とすことができます。 界面活性剤とは 「界面活性剤」は、頑固な油汚れなども落とせるぐらい強力な成分でできているため、人間の皮膚の脂質やたんぱく質まで落としてしまいます。 大人であれば外の刺激から肌を守るために皮膚が硬い層になっていますが、赤ちゃんの肌はまだまだ頑丈ではないので、刺激に敏感なのです。 この成分は赤ちゃん用洗剤にも含まれていますが、大人用洗剤に比べて、すすいだ後に洗剤が残りにくくなっているので、ほとんど肌に影響はないようです。 なので、刺激に敏感なうちは、赤ちゃん専用の洗剤を使って肌を守ってあげたいですね! 赤ちゃんと大人の洗濯物はいつまで分ければいい? とは言え、赤ちゃん用と大人用の服を別々に洗うのも手間がかかってしまって大変ですよね。 特に家族が増えれば増えるほど、ママの仕事はたくさん! 少しでも家事が楽になればいいのですが・・・ 洗剤を使い分けると言っても、果たしていつまで使い分ければいいのでしょう? いつから大人用と一緒に洗ってもいいのでしょう?

これらの基本的なお手入れをしてあげれば、アトピーでも症状の段階を追って良くなって行くケースが多いそうです!

また、ストレスを軽減させてあげることがアトピーの治る近道だ、というデータもあるそうです!

 

我が子がアトピーになるとパパもママも不安になってしまう気持ちはわかりますが、その不安を一番敏感に受け取っているのは赤ちゃんです。

成長すれば皮膚もどんどん強くなっていきますので、焦らずゆっくりとアトピーの治療に向き合う時間も大切ですよ^^

ただし、自宅で様子を見ても症状がなかなか変わらない場合は、医療機関を受診しましょうね。

症状によっては薬で治療していくパターンもあります。

どちらにしてもアトピーは成長とともに良くなると言われている病気ですので、安心して治療に向き合っていきましょう!

おわりに

赤ちゃんのお肌はとても敏感なので、毎日のお手入れがとても重要になってきます。

赤ちゃんは言葉が話せないので、パパママが気付いてあげないといけません。

日頃から肌の状態をチェックし、普段と違うところはないか気にしてあげることが一番です。

 

そして、

「アトピーにならないためには」というよりは、

「アトピーになってしまったときにどうするか」

ということを頭の片隅にでも置いていただければ、いざという時に慌てなくて済みますよね。

 

今日の記事が少しでもお役に立てればいいなと思います^^★

 

アトピーについての記事はこちらもどうぞ!

赤ちゃんの耳に黄色いカサブタは脂漏性湿疹?アトピーとの関係は?

赤ちゃんの耳切れはアトピー?気になる原因や治し方

スポンサーリンク