c853752debfc7e17aff3315191c01de6_s

千葉県松戸市にある本土寺。

別名「あじさい寺」とも呼ばれていて、桜や菖蒲も美しいのですが、秋の紅葉の時期もかなりの賑わいを見せる、紅葉の名所です。

約1500本の鮮やかなモミジが植えられていて、境内を彩ります。

我が家も今年は子供たちを連れて秋の紅葉狩りに出かける予定です^^

今回は本土寺の紅葉の見ごろや駐車場情報、夜のライトアップについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ここが見どころ!本土寺の紅葉の魅力

本土寺には五重塔、仁王門、回廊といった歴史的な建造物があるのですが、その建造物と紅葉を一緒に撮影すると、それはそれは風情のある写真を撮ることが出来ます。

五重塔の近くには大きな銀杏があり、銀杏の黄色と周りのモミジの赤が鮮やかなコントラストで、五重塔周辺の景色は人気の撮影スポットです。

本土寺では様々な種類のモミジを楽しむことができ、少し小さめの葉が特徴の「イロハモミジ」、葉っぱが繊細な「シダレモミジ」葉がギザギザの「ヤマモミジ」など。

紅葉の葉の違いを楽しむのも良いですね。

本土寺参拝ツアーも

本土寺では、普段入る事の出来ないお堂やお茶室を見て回る事の出来る、参拝ツアーも実施されています。

50mを超す渡り廊下から、鮮やかな紅葉を観ることが出来ますよ。

もちろん、写真撮影もOKです。

以前は昼食が出るツアーだったようですが、今は行っていないそう。

そのかわり、参加者には本土寺の絵葉書(10枚)が配られます。

 

1日80名、参加費は2000円(参拝費込)。

シーズンごとに日程が決められているので、詳細は本土寺のHPでご確認ください。

本土寺の紅葉の見頃は?

本土寺の紅葉は例年11月下旬が見頃となっています。

年によっては12月上旬まで見頃が続くこともあるそうです。

色づき始めは11月中旬頃。

せっかくでしたら真っ赤な紅葉をご覧いただきたいので、11月下旬をオススメします!

 

シーズン中は朝から多くの参拝客が訪れます。

日によってはお餅のご接待もあるそうで、つきたてのキネツキ餅を無料で食べれる事もあります♪

お寺のお坊さんや尼僧さんはとても活気があるとのこと。

スポンサーリンク

本土寺の駐車場情報、参拝時間

参拝時間:8:00~17:00(最終受付16:30)

参拝料:中学生以上500円

 

本土寺に無料駐車場がありますが、停められる台数が少ないです。

参道両脇に有料駐車場があるのと、北小金駅周辺にもコインパーキングが多数あります。

%e6%9c%ac%e5%9c%9f%e5%af%ba

紅葉シーズンは混雑が予想されるので、公共交通機関のご利用をオススメします。

電車でのアクセスはJR北小金駅から徒歩10分です。

駅からは一本道ですし、みんな同じ方向に歩いていくので、迷う事はないですよ!

 

※また、ペット同伴の参拝は平成28年6月より出来なくなりましたので、ご注意ください!

本土寺の紅葉ライトアップ情報

本土寺では例年夜間のライトアップが行われます。

 

時間:18時~20時(17時で一度閉門)

日中の参拝料とは別に500円の別料金がかかります。

 

例年、土曜休日の夜はライトアップを実施しますが、年によって変わる場合があります。

6月、11月は花・紅葉に関するお問い合わせの専用サービスが行われるので、公式ページでも分からない事はこちらからお問い合わせができます。

tel:047-341-0405

おわりに

本土寺の紅葉情報についてお伝えしました。

ちなみに、お子さん連れで行かれる方は、石段の隣にはスロープが付いているので、すべてベビーカーで進むことが出来るそうです。

有難いですよね^^

参道にはお土産屋さんもあるので、お茶や軽食を楽しむのもオススメですよ!

本土寺の紅葉、ぜひ楽しんできてくださいね!

 

関東の紅葉情報はこちらも読まれています。

2016陣馬山の紅葉の時期、見ごろ、混雑状況は?紅葉の穴場スポット!

スポンサーリンク