お正月には初詣、秋には収穫祈願に七五三。

季節折につけて、神社仏閣へ参拝する機会がある事と思います。

最近のパワースポットブームにより、更に参拝する方が増えた神社もあるのではないでしょうか?

 

今回ご紹介する神社は、知る人は知る、日本でも1・2を争うご利益があると話題の神社です!

早速ご紹介させて頂きます!!

 

スポンサーリンク

日本一と言われている新屋山神社の御利益とは?

新屋山神社『あらややまじんじゃ』と読みます。

 

こちらの新屋山神社、富士山の二合目に位置しています。

日本一の山に鎮座する神社・・・

それだけでもすごいパワーを秘めている様ですよね。

 

そんなスゴイ場所にある新屋山神社、ご利益とは、なんと!金運です!!

日本一の金運神社として有名なんです!!

 

事の始まりは、船井総研創業者の船井幸雄氏が

『お金に困りたくなかったら、富士山のこの神社に行くと良い』

と言ったとか。

 

船井氏は”イヤシロチ”の探求に熱心だったそうです。

”イヤシロチ”とは、ざっくり言うと、ハイレベルのパワーを出している場所を指す言葉なのですが。

日本には、その”イヤシロチ”の大きなパワーラインが3つあり、

それぞれのラインが好条件で作用しているのが、この新屋山神社なんだそうです。

 

そして昨今、船井氏の格言を知り、ネットビジネス初心者同士お友達数名でこの神社を参拝されたそうです。

その後、参拝した全員が成功されたとの逸話も残っています。

 

新屋山神社の御利益は、金運と言えど棚ぼた的な運ではなく、

お仕事運が向上した上で金運に恵まれる・・・というのが本来なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

新屋山神社へのアクセスと参拝時の注意点

さて、新屋山神社に関する注意点を少しご紹介したいと思います。

 

まずアクセス(交通)。

強く!車で行かれる事をオススメします!!

 

新屋山神社には本宮と奥宮とあります。

本宮も決して目立った場所にある訳ではありませんが、周囲に住宅もあり、最寄り駅からも徒歩10分ほどです。

ですが、問題は奥宮です!

本宮から車で移動しても、約25分かかります。

25分・・・と言いましたが、体感的にはもっとかかりました。

段々と何も無い場所を突き進み、途中で案内看板(新屋山神社奥社まで、あと○○km。。。など)がある訳でもなく、

本当に道があっているのか何度も不安になりました。。。

 

新屋山神社へ参拝した方のブログを拝見した際、その方は徒歩で行かれたそうです。

その辛さがブログからにじみ出ていました・・・是非!移動は車でいらして下さいね!!

 

次に参拝時の注意についてご紹介します。

まず、参拝時期が決まっています。

冬の時期になると、奥宮までの道路が冬季閉鎖されるんです。

平成28年度は11月24日から閉山となりました。

平成29年度の開山は4月29日からです。

せっかく行ったのに、奥宮を参拝できなった・・・という事になったら大変ですからね。

是非時期をチェックされてから向かわれて下さい。

 

そして、更に注意事項としまして、今年度(平成29年)から奥宮では手水や御神水などがありません。

以前から奥宮には手水は設けられていなかったのですが、御神水が売られていて、それで清めていました。

ですが、今年度からは廃止されているので、まずは本宮で手水を済まされる様、新屋山神社HPでも勧められています。

以上の点、どうぞご注意下さいね!!

お守りの効果は?

神社と言えば、おみくじとお守りは鉄板。

残念ながら、私は新屋山神社でおみくじは引かなかったのですが、お守りは買ってきました!

当然の事ながら、金運のお守りを買ってきましたよ!

金色のお守りで『金運 開運』と書かれています。

 

こちらのお守り、奥宮で御祈祷待ちの間に購入したのですが、御祈祷後に頂いた御神物の中に同じお守りが入っていました!

更にご利益がありそうで、嬉しかったです♪

このお守りの効果ですが、私が今、この様にWebライターとして活動させて頂くようになったのも、新屋山神社から帰ってきてからです。

この記事を書きながらも、益々頑張れそうな気がしています!!

おわりに

独身時代は、神社への参拝でお願いする事と言えば、恋愛成就が多かったですが(笑)

今は家族を持ち、家族とともに楽しく暮らしていく為にも、金運アップが大きなお願い事の1つになってきました。

新屋山神社は、お天気が良ければ奥宮からはとてもきれいに富士山を見る事ができます。

御祈祷頂いた宮司さんのお話は親しみを込めてとても面白く、

神社の神聖な空気には気分が洗われました。

興味があり、機会がございましたら、是非訪れて頂きたい神社です!

 

スポンサーリンク