GWも終わり、次におでかけの計画を考えるとすると夏休みの家族旅行ではないでしょうか?!
夏と言えば海!ですよね。
キレイな海を求めて、南の島への旅行を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

日本で南の島と言えば、なんと言っても沖縄です!

日本にいながら、暑い太陽と少しの異国情緒を感じる事ができる沖縄。
私も大好きです。

 

沖縄での楽しみは海と美味しい料理、歴史も感じられる多彩な観光名所・・・と様々ですが、
子連れ旅行でチェックすべき大事なポイントでもあるのがホテル選びです。

小さいお子さんがいるご家庭ならなおさら、子供に負担をかけず、でもせっかくの旅行を家族全員で楽しみながら満喫したいもの。

今回は、そんな子連れの沖縄旅行でオススメのホテルと、その中のホテルに実際に訪れた私の体験談をご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

沖縄・本土のオススメホテル ベスト5!

ホテル選びのポイントは様々ありますが、今回は沖縄&子連れという事で

  • 海を満喫
  • 子連れサービスが良い

に的を絞ってご紹介させて頂きます。

ルネッサンスリゾート オキナワ(恩納村)

沖縄の子連れには定番ホテルと言ってもよい、ルネッサンスリゾート オキナワ
マリンルームデザインになっているお部屋もあり、否応なしにリゾート気分を盛り上げてくれます。

そして、こちらのホテルのオススメポイント、海に関するアトラクションが豊富なんです。

1歳前後の小さいお子さんでも、イルカとの触れ合いが楽しめるアクティビティがあります。
海に入るのは躊躇してしまう子でも、水遊び感覚で楽しめる屋外アクティビティもありますよ^^

カヌチャベイホテル&ヴィラズ(名護市)

こちらのホテルのポイントは、何と言っても広大な敷地です。
ホテル内の移動に、なんと専用カートで周ったりしちゃいます。
これだけでもお子さんのテンションが上がってしまうのでは?!

そして、ヴィラでの宿泊なら、隣室との距離がややある分、お子さんが多少うるさくしてもお母さん方の気持ちも楽ではないでしょうか。

オクマ プライベートビーチ&リゾート(国頭村)

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、自宅でも旅先でも周りの方へ騒音などでご迷惑をお掛けしないかどうか、とても気になるものですよね。

こちらのプライベートビーチ&リゾートはコテージでの宿泊スタイル。
プライベートを重視した造りとなっています。

また、アクティビティも充実しています。
お子さん用の水深50cmプール、その他のマリンスポーツもシュノーケリングやサンセットクルーズなどもあります。
マリンスポーツ以外のエコツアー(川遊びや森探検、シーサー造りなど)やフィールドメニュー(パターゴルフやサイクリングなど)もありますので、
幅広い年代で楽しめるホテルではないでしょうか。

カフーリゾート フチャク・コンドホテル(恩納村)

正直、私、カフーリゾート フチャク・コンドホテルは、大人向けのホテルだと思っていました。
でも、お子さんが泊まるにも最適ですよー。
詳しくは、下記の口コミにて、実体験とともにご紹介致します!

リザン シーパーク谷茶ベイ(恩納村)

リーザンシーパーク谷茶ベイには、沖縄本土一大きなプライベートビーチがあります。
これだけでもかなりポイントが高いのですが、夏の期間はこのプライベートビーチに『リザンアドベンチャー』という海上遊具が登場します!
こちらのホテルも、下記の口コミで詳しくご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

カフーリゾート フチャク・コンドホテルの口コミブログ

 

昨年(2016年)の初夏、「アネックス棟」という新館が完成し、早速宿泊できる機会があったので泊まってきました。

その時、末っ子は満1歳になったばかり。
上の子達もやんちゃ盛りの男の子で、このホテルを予約した際に、主人には『そんな子供連れで泊まるような雰囲気のホテルじゃない』と言われていました。
でもでも、どうしても泊まりたかったんです!私が!!笑

という事で、無理を通して泊まりましたが、感想は『家族みんな大満足!泊まって良かった♪』です^^

子連れに嬉しいしっかりしたキッチン

良かった点として、ホテルというよりもリゾートマンションの1室という作りなので、とってもリラックスできました。

しっかりと炊事できるキッチン(ミニでは無いです)があったのも大きなポイント。
後期とはいえ末っ子はまだ離乳食
それに外食に飽きてきていた主人や上の子達にも普通の食事を準備する事ができて、とても助かりました。
そのキッチンには、乾燥機付き洗濯機が置かれていて、これも大変助かりました。

洗濯機つきの部屋も魅力

沖縄の各ホテルにはランドリーコーナーが設けられている場合が多く、別にカフーじゃなくても洗濯はできるのですが、
いちいち自分の部屋を出てランドリーコーナーに行くのって手間じゃありませんか?
部屋に洗濯機が付いているっていうだけで、私はとても助かりました。

我が家は4泊5日の最終日に泊まったという事もあり、持って帰る衣類の多くを洗濯する事ができて、
旅行の後にありがちな自宅に帰ってから洗濯物の山に頭を抱える。。。という事もなくとても楽でした^^

貸出しアイテムも豊富

そして、上の子達がなによりも喜んだのが、サポートアイテムの貸出サービスです。
こちらは約180種類の品々から、好きな物を貸出てくれるというサービス。
その多くが無料なんです!

我が家は、お風呂で使えるDVDプレーヤーとWiiU(ゲーム機)、天体望遠鏡と末っ子用のカトラリー&食器のセットをお借りしました。

せっかくの旅行の締めくくり、最終日にはのんびり過ごしたかった我が家としては、
自宅にいる様にお部屋でゆっくりと食事がとれて、リラックスして過ごせた事が何よりも良かったです。

スタッフさんの対応も◎

そうそう、「アネックス棟」の売りでもあるインフィニティプールについても一言。

先客が多く、小雨も降ってきた為、我が家はプールには入らなったのですが、見学だけしてきました。
見学だけなので、洋服でウロウロするのも申し訳ないかなぁ・・・と思ったのですが、そこにいる係のお兄さんがとても気さくで気持ち良く対応して下さいました。
『次の時には、是非(プールに)入って下さいね~』とおっしゃって下さった時には、
『はい!また泊まりに来ます!!』と、元気に答えてしまった私なのでした*^^*

リザン シーパーク谷茶ベイの口コミブログ

同じく昨年(2016年)の初夏に泊まりました。

子連れで楽しめるリザンアドベンチャー

初夏とは言え、沖縄では梅雨の時期。
海に入れない事も十分に考えていかなければいけないと思って、インドアプールも充実していそうな、こちらのホテルを選びました。
結果的には、とても雨期とは思えないお天気に恵まれ、思う存分、夏の海を堪能する事ができました!

海に浮かぶリザンアドベンチャーも、上の子が十分に堪能していました。

最初は『怖いから父ちゃん、付いてきて』と逃げ腰でしたが、10分も経たずに子供だけで夢中に遊ぶようになり、主人は戻ってきました(笑)
プライベートビーチという事もあり、そんなに人でごった返すという事もなく、私は末っ子と砂遊びをしたり、波打ち際でパチャパチャしたりして、のんびり過ごす事ができました。

海の透明度も高く、とてもキレイでしたよ~。

公式サイトで予約したから?嬉しいサービス!

こちらのホテルを予約する際に、各旅行サイトから予約してもよかったんですが、私はあえてホテルの公式ホームページから予約しました。
料金やプラン的には予約サイトとか変わらなかったのですが、その時はなんとなく。。。です。

でも、その予感が的中!2泊で予約したのが良かったのか、なんとプランよりもグレードアップしたお部屋を確保して頂けました^^

梅雨時期とは言え、外国の観光客の方が多かったので、部屋に余裕があるという訳ではないと思ったのですが。
勝手に『公式ホームページから予約したからだよね?!』と思って、喜んでいました。
その節はリーザンシーパーク様、大変ありがとうございました(笑)

「ちょっと」が助かる快適なホテル

その際の予約プランが夏の特別プランだったからかもしれませんが、サービスがとても充実していました。

ウェルカムドリンクだけではなく、ケーキ&アイス食べ放題とか、モーニングをランチに変更とか、ビーチパラソル無料とか。
ホテルのプライベートビーチで1日遊ぶ事を前提としていた私達家族には、この「ちょっと」が助かりました。

ちょっと飲み物飲みたいなぁ…
ちょっと小腹が空いたかも…

という時の出費、実はバカにならないんですよね。

こういう「ちょっと」が、思った以上の出費になっている事も。
しかもホテルの「ちょっと」は高いですしね。

なので、こういうサービスが充実していた事で、1日ホテルで過ごしても気持ちよく過ごす事ができました。

 

我が家は1番上の子と末っ子が10歳離れています。

なので、家族で遊びに行く時に、全員が満足・・・と考えるのはなかなか難しいのですが、
リーザンシーパーク谷茶ベイさんでは、上の子はマリンアクティビティで存分に楽しみ、
末っ子も初の海を満喫しつつ疲れたら即お部屋に戻って休む事ができ、とても良かったと思っています。

主人とも『また家族で沖縄に行くなら、リザン シーパーク谷茶ベイだね!』と言っています^^

おわりに

すでに夏の沖縄旅行を考えている方の参考になりましたでしょうか?

はたまた、「沖縄旅行に行きたくなった!!」・・・と思って頂けると、嬉しいのですが^^

今はLCCの登場からも、以前よりも手軽に沖縄に行くことができるようになりました。
是非、楽しい思い出を作ってきて下さいね。

スポンサーリンク