8198e290e305c588c920e839c8e9b678_s

子供の自転車のジャストサイズってご存知ですか?

長く使えるようにと大きいサイズを買うと、足が届かなかったり運転しづらく、とても危険です。

何かあってからでは遅いので、今の子供に合ったサイズの自転車を選んであげる必要があると思いますが、

そのポイントは何だと思いますか?

今回は、子供の自転車選びのポイントについてお話したいと思います!

これから購入を検討しているみなさんは、ぜひ参考にされてくださいね^^

スポンサーリンク

子供の自転車の選び方

子供の自転車には、年齢や身長に合わせてサイズ(インチ)が設定してあります。

ですが、実際には子供の体に合っているか、乗りやすいかどうかなど、インチ以外にもチェックするポイントはたくさんあります!

まずは、基準となるサイズについて見ていきましょう^^

 

自転車のサイズ 身長 年齢
12インチ 83~98㎝ 2~3歳
14インチ 92~107㎝ 3~5歳
16インチ 98~119㎝ 3~6歳
18インチ 103~125㎝ 4~8歳
20インチ 111~140㎝ 5~9歳
22インチ 116~145㎝ 6~11歳
24インチ 122~151㎝ 7歳以上

 

身長や年齢別のサイズはこのようになっています。

ですが、実際にはこの表どおりではないこともあるので、

買う前に必ず試乗してみることをオススメします!

両足が着くかどうか

一般的には、両足のつま先が着けばいいとされていますが、子供の場合はこれでは危険です。

補助輪がなくても自分の足が着くかどうかが一番のポイントです。

販売している自転車はほとんどがサドルを一番低く設定していると思いますが、念のために店員さんに確認してから乗るといいでしょうね♪

ハンドルを握った時の姿勢

両足が地面に着いたら、次はハンドルを握った時の姿勢です。

変に前のめりになったり、両腕がピンと張りすぎる場合は体に合っていないと言えます。

姿勢が悪いと運転にも影響が出てしまうので、ここも要チェックです!

ハンドル、ブレーキバーの握りやすさ

ハンドルの形やブレーキバーの固さも自転車によって様々です。

ハンドルは左右にきりやすいか、ブレーキは操作しやすいかなど必ずチェックしましょう。

子供は運転に慣れるとすぐにスピードを出したがります。

デザインも大事ですが、はじめは機能性を重視しましょう!

ペダルのこぎやすさ

ペダルに足がフィットするか、こぎやすい位置にあるかも重要なポイントになります。

ペダルがこぎにくいと運転にも支障が出てしまいます。

最近では、別売りでいろいろな形状のペダルも販売されています。

はじめは必要ありませんが、成長と共にペダルを交換して体に合わせていくのもいいかと思います^^

かご、ベル、反射板が付いているか

ほとんどの子供用自転車には付いていますが、デザイン性の高い自転車には付いていない場合もあります。

ですが、暗がりの走行や人の多い場所、また習い事などで自転車を使用する場合は、これらの備品が付いていたほうが安全で安心できます^^

スポンサーリンク

子供の自転車選びの成功、失敗点

71e08ac29170be332482cc1e12ffd7ea_s

はじめて自転車を買う、もしくはプレゼントで買ってあげようと思っても

どれを選んだらいいのかはじめはわからないですよね。

そんな方に、自転車選びの極秘を教えちゃいます♪^^

大きいサイズを買いすぎた

一番多い失敗談が「サイズ問題」のようです。

やはり、長く使えるようにと1つ大きなサイズの自転車を買うも、失敗したという意見が圧倒的に多いです。

サイズが気になる方が多いと思いますが、サドルの高さなどである程度調節はできるので、その子に一番合うサイズを探してあげることが大切です。

ペダルが重すぎた

これは試乗をしなかったことによる失敗談です。

自転車によってはペダルが重かったり、ギアを調整しないといけないものもあります。

見落としがちなのは『ライト』を付けたことによってペダルが重くなってしまうという例です。

『ブロックダイナモ式』と言って、タイヤに押し付けて点灯することによりペダルが重くなってしまうからです。

重いペダルになかなか慣れない子供のために、結局別で点灯式のライトをつけたという方もいるほどです。

購入する前には1度試乗し、ペダルの重さを確認しましょう。

できればライトは『ハブダイナモ式』と言って、点灯時にペダルに負荷がかからないものをオススメします!^^

重量が重かった

これは、デザイン重視で選んでしまった時の失敗談です。

子供が好きなキャラクターやデザインの自転車は、とてもかわいくてお洒落で、つい買ってあげたくなりますよね!

でもちょっと待ってください!

デザインも大切ですが、肝心な機能を見落としていませんか?

特に重量が重いと、子供1人での移動が大変になり、もし転倒してしまった時には起き上がることがむずかしく、とても危険です。

子供にとって何が大事かをまず優先して選ぶようにしましょう!

おわりに

子供が喜んでくれると思ってせっかく買った自転車も、

体に合わず、すぐ使えなくなってしまったという結果では残念ですよね。

まずは『安全面』を重視して、

お子様にぴったりの自転車を探してあげましょうね^^♪

スポンサーリンク