0b14bc02c08730a1222a2b6c01fe2d98_s

幼稚園のお店やさんごっこの品物で、年少さんでも作れるものってどんな物なのでしょうか?

年中さん、年長さんにもなれば、少し工程の多い工作でも挑戦できそうですが、年少さんだとできる事が限られてしまいますよね。

そこで、今年少さんの娘と一緒に手作りに挑戦してみました。

幼稚園での制作の参考にして頂けたら幸いです^_^

 

スポンサーリンク

年少さんでも簡単!紙粘土でりんご飴

今回は紙粘土を使ってりんご飴作りに挑戦しました!

家にあるものと、100均で揃う物のみで工作しますよ^^

材料
紙粘土(Seria)、絵の具(Seria)、割りばし、ビニール袋、毛糸や輪ゴム、ハサミ

作り方

1、紙粘土をコロコロと丸い形に丸めます。

楽しそうに丸めていましたよ。

 

2、丸くなった紙粘土に割りばしを刺します。

貫通しない程度に刺してくださいね。

IMG_2473

 

3、しばらく乾かします。

 

4、紙粘土に赤い絵の具で色を塗って行きます。

今回は水彩絵の具を使ったのですが、あまりベタベタと時間を掛けて塗っていると、紙粘土が溶けて行きますので気をつけてください!

IMG_2488

 

5、絵の具が完全に乾くまで乾燥させます。

 

6、絵の具が乾いたら、屋台のりんご飴のようにビニールを被せます。

半透明の物よりも、透明の物の方が本物っぽくなります。

今回使ったのはSeriaで絵の具を買った時に包装されていたビニールです(^_^;)笑

家にある捨ててしまうようなものでOKですよ。

 

7、毛糸でキュっと縛ったら完成です!

IMG_2541

 

リボン結びじゃなくて、普通に縛った方が本物っぽかったですかね^^

 

紙粘土を丸めるのも、割りばしを刺すのも、絵の具を塗るのも、年少さんの娘でも出来ました!

難しい工程があると、投げ出したり、親に頼りたくなってしまう年頃ですが、そんなこともなく楽しく作ってくれました。

ビニールを被せるのは難しかったですが、「結ぶのってどうやってやるの?」と興味津々。

途中までやってあげて、最後紐を引っ張るところだけお願いしたら、

「自分でできた!」

という気持ちになったのか、うれしそうにしていましたよ^^

 

スポンサーリンク

その他の年少さん向けの工作

今回はりんごあめを作りましたが、チョコバナナも年少さん向けの工作としてはオススメです。

IMG_2487

作り方はこちらの記事で詳しく書いています。

お店屋さんごっこの品物、年少さん向けチョコバナナの作り方

 

他にも、女の子向けに手作りのアクセサリーはいかがでしょうか^^

IMG_2506

簡単に飾りを紐に通すだけのアイデアも載せています。

お店屋さんごっこ幼稚園児向け手作りアクセサリーの作り方

 

お店屋さんごっこは幼稚園のイベントの中でも特に子供たちが楽しみにしているものの一つですよね^^

年少さんのお子さんにもぜひ手作りを楽しんでもらって、思い出に残る行事にしたいですね。

 

園によってこんなにお給料が違うって本当?

 

 

転職したい保育士さんのために…転職サイトランキング! | 子育て小町
子供が大好きで、憧れの職業だった保育士になったけれど… 「今の保育園の先生たちの人間関係に不満がある」 「園長の方針が気に入らないから、他の園に移りたい」 「子供が好きな気持ちに変わりはないから、保育士での転職を考えている」 「今の給料が労働時間と割に合っていないから、もっと条件の良い園があったらと思っている」 「ハローワークでは条件の合う求人が見つからなかった」 様々な不満を抱えている保育士さんも多い事と思います。 実際、私の回りには保育士をしている友人が多いのですが、 仕事での不満をよく漏らしていました。 でも、そんな知人に共通するのが、 「子供が好きだから、保育士は辞めたくない。もっと条件の良い園に移れたらな…。」 という気持ちでした。 実際、同じ保育士での転職を考えている人って多いんですよね。 保育士って、内部を知らない人から見ると、 「子供と和気あいあいと過ごして、楽しそう」 というイメージですが、実際働いていると、 子供達が帰ってからも遅くまで事務仕事。 それでも終わらず、家に仕事を持ち帰って、家で遅くまで工作を作ったり、 製作のアイデアが浮かばないから、自腹で保育士向けの雑誌を購読したり、 仲が良さそうに見える先生同士の人間関係が実はドロドロしていたり、 体調が悪い時でも、子供は容赦なく突進してきて、それでも笑顔で頑張ったり、 常に子供の安全に気を配りながら、イベントを考えて頭をフル回転! ココだけの話、実は嫌な保護者も居るし… こんな激務なのに、他業種と比べて給料が安い!! ただほのぼのとした仕事と言うわけではない、大変な仕事ですよね! それなのに、給与面が満足いかない…という保育士さんが圧倒的に多いんです。 保育士って、小さい子供の成長を間近で見ることが出来て、 「入園してきたときは何も出来なかった子がこんなに成長して…」という感動をたくさん味わうことが出来て、 やりがいのあるとても素敵な職業ですよね^^ 妊娠、出産を挟んでも、保育士に復職するという人も多いですし、これぞ手に職という物だなーと思います。 どうしても今の園に不満があって、それでも保育士として仕事は続けたい、というようでしたら、

 

お店屋さんごっこの記事のまとめ読みはこちらから。

お店屋さんごっこの品物一覧

 

スポンサーリンク