094c1c7f6491479cfd5ccaae7c2e3ee7_s

幼稚園や保育園のお店やさんごっこで女の子から大人気なのが、アクセサリー屋さんですよね!

女の子はみんなキラキラしたかわいらしいものが大好き(*^_^*)

3歳の娘もプリンセスが大好きなお年頃です。

我が家でも紙粘土やストローを使ってアクセサリーを手作りして遊んでみました!

年少さんの娘にも作れる手作りアクセサリーの作り方をご紹介しますね。

ぜひ、お店屋さんごっこの参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

お店屋さんごっこで手作りアクセサリー!紙粘土を使ったブレスレット

紙粘土を使って作ったビーズでブレスレットを作ってみました。

紐の長さを調節すれば、指輪やネックレスにしても良いと思います。

 

材料

紙粘土、絵の具、筆、爪楊枝、ひもやテグス、ハサミ

作り方

1、紙粘土を小さく丸めてビーズを作ります。

真ん中に穴をあけて、後で紐やテグスが通せるようにしておいてくださいね。

 

IMG_2493

 

2、紙粘土が乾いたら、絵の具で好きな色を塗ります。

 

IMG_2498

 

「赤と白を混ぜると何色になるかな~?」

と、楽しみながら色を作りました。

小さいパーツですが、3歳児でも塗る事ができましたよ^^

 

IMG_2491

 

こんな感じで、穴に爪楊枝を刺して塗ると塗りやすいです。

 

IMG_2496

 

3、乾いたらビーズの出来上がりです!

ニスを塗っても良いと思いますが、マットな感じがかわいいので今回はこのままにしました。

 

IMG_2505

 

4、穴に紐やテグスを通します。

ビーズが動かないように、途中で結び目を作っておきました。

 

IMG_2510

 

5、付けるとこんな感じです^^

 

IMG_2506

 

今回は紐で作ったのですが、伸縮するテグスで作る方が自分で取り外しが出来るので良かったかもしれません。

テグスは100均で買えますよ^^

粘土を丸くするのは3歳児でも上手にできますが、爪楊枝で穴をあけるところなどは少し手助けが必要でした。

でも出来には大満足なご様子!

スポンサーリンク

お店屋さんごっこで手作りアクセサリー!ストローでネックレス

紐をストローに通して作るネックレスです。

ストローを切って自分でパーツを作ります。

熱中して作っていましたよ^^

 

材料

色のついたストロー(IKEAのものを使いました)、紐、ビーズ、ハサミ、セロハンテープ

作り方

1、ストローをハサミで短く切って、飾りのパーツを作ります。

長さがバラバラになっても大丈夫です^^

 

IMG_2512

 

2、紐にストローとビーズを交互に通していきます。

ビーズを通す時は、紐の片側をテープで固定するとやりやすいですよ。

 

IMG_2515

 

3、丁度いい長さまでパーツを通したら完成です!

 

IMG_2518

 

「交互に通したらかわいいんじゃないかな?」と言ったら、

「そうだね!」と途中からは上手に交互に通すことが出来ていました。

あまりに楽しかったようで、このほかにももう一本ネックレスを作っていました。

女の子って、こういうビーズ遊びが大好きですよね^^

思っていたよりも器用に作れていて驚きでした!

 

ちなみに、ビーズは100均のSeriaで購入しました。

先ほどご紹介した粘土で作ったビーズと組み合わせて作ってもかわいいかもしれません。

おわりに

今回は年少さんの娘と一緒に手作りしたアクセサリーをご紹介しました。

作った後は家でお店屋さんごっこをして楽しみましたよ^^

初めて絵の具を使ったのですが、色を混ぜると違う色が作れるなど、楽しみながら学ぶことが出来ました。

ビーズを通すという作業で手先も器用になりますし、ぜひお子さんと一緒に楽しんで作ってみてください!

 

園によってこんなにお給料が違うって本当?

 

 

転職したい保育士さんのために&転職サイトランキング! | 子育て小町
子供が大好きで、憧れの職業だった保育士になったけれど& 「今の保育園の先生たちの人間関係に不満がある」 「園長の方針が気に入らないから、他の園に移りたい」 「子供が好きな気持ちに変わりはないから、保育士での転職を考えている」 「今の給料が労働時間と割に合っていないから、もっと条件の良い園があったらと思っている」 「ハローワークでは条件の合う求人が見つからなかった」 様々な不満を抱えている保育士さんも多い事と思います。 実際、私の回りには保育士をしている友人が多いのですが、 仕事での不満をよく漏らしていました。 でも、そんな知人に共通するのが、 「子供が好きだから、保育士は辞めたくない。もっと条件の良い園に移れたらな&。」 という気持ちでした。 実際、同じ保育士での転職を考えている人って多いんですよね。 保育士って、内部を知らない人から見ると、 「子供と和気あいあいと過ごして、楽しそう」 というイメージですが、実際働いていると、 子供達が帰ってからも遅くまで事務仕事。 それでも終わらず、家に仕事を持ち帰って、家で遅くまで工作を作ったり、 製作のアイデアが浮かばないから、自腹で保育士向けの雑誌を購読したり、 仲が良さそうに見える先生同士の人間関係が実はドロドロしていたり、 体調が悪い時でも、子供は容赦なく突進してきて、それでも笑顔で頑張ったり、 常に子供の安全に気を配りながら、イベントを考えて頭をフル回転! ココだけの話、実は嫌な保護者も居るし& こんな激務なのに、他業種と比べて給料が安い!! ただほのぼのとした仕事と言うわけではない、大変な仕事ですよね! それなのに、給与面が満足いかない&という保育士さんが圧倒的に多いんです。 保育士って、小さい子供の成長を間近で見ることが出来て、 「入園してきたときは何も出来なかった子がこんなに成長して&」という感動をたくさん味わうことが出来て、 やりがいのあるとても素敵な職業ですよね^^ 妊娠、出産を挟んでも、保育士に復職するという人も多いですし、これぞ手に職という物だなーと思います。 どうしても今の園に不満があって、それでも保育士として仕事は続けたい、というようでしたら、

 

お店屋さんごっこの記事のまとめ読みはコチラ。

お店屋さんごっこの品物一覧

お店屋さんごっこの記事はこちらも読まれています。

お店屋さんごっこのお財布を手作り!幼稚園児向けの作り方

お店屋さんごっこのおもちゃ屋さん、手作りアイデア6選

お店屋さんごっこの品物、幼稚園児向けケーキの作り方

スポンサーリンク