%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

高齢出産。

近年の晩婚化から、以前よりは世間でも耳にする事が増えたかと思います。

30代後半で幼児連れのお母さん。保育園や幼稚園、ご近所の公園でも、ごくごく普通にお会いします。

ですが、それも40歳を越えると、その数はグンと減り。。。

40代での妊娠自体が

『自然妊娠の確率は5%未満』

『妊娠しても、胎児の染色体異常発生確率が1/90』

などなど、まだまだネガティブな情報が多いような気がします。

40代での妊娠・出産に関する世間の情報は、決して明るいものばかりではありません。

いえ、逆にネガティブな情報の方が、余計に目に止まるかもしれません。

かくいう私自身も、その経験者です。

43歳で自然妊娠。44歳で出産。

様々な情報を得る度に、不安がつきまといました。

今のご時世、良くも悪くも、欲しい情報をすぐ手にする事ができます。

そんな情報に埋もれ、不安と毎日向き合いながらの妊娠生活。。。

でもでも!私の個人的な意見ではありますが!!実体験からの結果から言いますと!!!

『案ずるより、産むが易し』

まさにコレです(笑)

一例にしか過ぎないかもしれませんが、生の声としてお届けします。

貴女の40代妊娠・出産に、少しでも勇気や希望や。。。

前向きな気持ちになれるひとつの糧になれたなら嬉しいです^^

スポンサーリンク

えっ?40代の私が妊娠?!

すでに9歳と7歳の子供がおり、年齢は43歳。

第3子が欲しい・欲しくない……という以前に「もう妊娠は無い(できない)!」と思っていました。

そんな中、生理が遅れてる。。。

まさかと思いながら、自宅で妊娠判定薬を使いました。結果は『陽性』

その時は、喜びよりも、不安な気持ちが先に立ちました。

40代で妊娠…戸惑う理由

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

第二子からでも8年ぶりの妊娠。

第一子とは10歳違いになります。

そして、常に一番頭をよぎるのは自分の年齢。。。

染色体異常による障害児が産まれてくる可能性が、どうしても頭について離れませんでした。

産まない選択と…

とあるサイトで見た情報では、43歳での染色体異常児の出産確率は90分の1。

25歳では1000分の1だそうです。

その確率の高さに、愕然とした記憶があります。

そして、妊娠4ヶ月に入る前には、病院の先生からも出生前診断について説明がありました。

第二子出産が36歳。

同じく高齢出産ではありましたが、第三子と同じ病院でありながら、第二子妊娠時には無かった説明です。

ちょっとした違いでしかないはずです。

ですが、その違いが当時の私にはいちいち引っ掛かりました。

ですが、悩んでいてもお腹は大きくなっていきます。

産まれて来る子が背負うであろうと予測できるリスク。

そして、そのリスクに伴い、兄弟達にも掛かるかもしれない負担。

10年20年先まで考えて、私の頭の中はグルグル回っていました。

産む選択!

先にも書きましたが、私には当時9歳と7歳になる子供がいました。

10年20年先まで考えた時。。。

そう、お腹の子の10年先が、今、目の前にいたのです。

ずっと頭を巡ってる確率よりも、目の前に居る現実に勝てるものは、私にはありませんでした。

兄弟に掛けるかもしれない負担も、障害者を身内に持った負担より、

『俺達の事を考えて産まれてこなかった命がある』と思う心の負担の方が重いはず。

親の勝手な考えかもしれませんが、私はそういう子であって欲しいと思って育ててきたつもりでした。

そうなると、答えはひとつでした。

『よし、産まれておいで!家族みんなで待ってるよ!!』

スポンサーリンク

案ずるより、産むが易し

そこから出産まで、妊娠糖尿病になってインスリン注射をしたり、高血圧に悩まされたり。

私自身のトラブルもありました。

ですが、一番悩んでネックになったのは、妊娠して出産を決めた時までの間だったように思います。

様々なネット情報、思い込みに振り回され、目の前の現実も大事な物も見失いそうになっていました。

母体のトラブルについても、医師の指導を守りながら、ストレスを抱えない程度の自己管理で乗りきりました。

この「ストレスを抱えない程度の自己管理」

これは40代だからこそできた心の余裕だと思います。

ツボを押さえる術を人生経験上知っているというのでしょうか(笑)

そして、これから

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-5

産んで終わりじゃないのは、子育て。

どんなに頑張っても、体力的に厳しいのは事実かもしれません。

ですが、今、まさに天から宝物を頂いた気分で、毎日『可愛いねー♪』を連呼しています。

それは、私だけではなく家族全員が同じ気持ちです。

第二子はいまだに『〇〇が産まれてきたのが、信じられない』と言います(笑)

おわりに

とある英国の文献では、40代の夫婦に産まれた子供は、情緒が安定した子が多いとか。

そりゃー、毎日これだけ可愛がられたそうかもなぁ~って思います。

これから歩む50代、60代。

子供の成長を味わいながら迎えられる事が、とても楽しみです!

スポンサーリンク