育児グッツ

メルシーポット503、504を徹底比較!どっちがおすすめ?

寒かったり急に暖かい日があったり、季節はまさに三寒四温。

小さな子供のいる家庭では、体調管理が大変な時期ですよね〜。

特に季節の変わり目は、風邪をひいたり、アレルギー症状が出たりと、お子様の鼻水や鼻づまりに悩んでいるパパママも多いのではないでしょうか?

鼻水がたまったままだと息苦しそうで、ミルクも飲みにくいし、眠っていても息苦しくてすぐに起きてしまいます。

正直、ママの寝不足もしんどいですよね^^;

中耳炎をくりかえす子もいます。

耳鼻科に行って鼻水吸引をしてもらうだけでもかなりすっきりしますが、ぐずる子供を連れての病院受診は、密になりたくないし、待ち時間がもったいない。家で鼻水を吸えたらいいなあ、と思ったことはありませんか?(私はあります!)

今回はSNSや口コミで高評価の電動鼻水吸引機「メルシーポット」の新型(504)、旧型(503)を比較していきたいと思います!

メルシーポット503、504の比較

メルシーポットは赤ちゃん向けの医療機器やヘルスケア用品を扱うシースター株式会社で販売されている電動鼻水吸引機です。

吸引機本体と吸引ボトル、チューブとノズルといったシンプルな作りになっています。

2011年に発売されてから改良をかさね、現在503と最新モデルの504が販売されていますが、その違いってどんなところなんでしょうか。

 

まずは性能から見ていきましょう。503、504とも吸引圧は変わらず-83kpaです。ねばっこい鼻水は瞬時に吸引でき、乾燥して鼻の中で固まってしまったものでも数回の吸引でとれる強さです。

動作音は、一般的なドライヤーの音よりも小さいですが、さらに503よりも504の方が若干静音になっています。

大きさは504の方が503よりも高さ、横幅ともに1~2㎝小さくコンパクトになっています。

外観的には503は角ばった感じがあるのに対して、504は丸みのあるデザインで、イラストは蓄光になっており、夜間の暗い部屋での使用がしやすくなっています。どちらも医療機器とは思えないような、シンプルでかわいらしい外観です。

 

お手入れのしやすさは503、504ともに部品を外して丸洗いできる作りになっており、清潔を保つことができます。他のおもちゃなどと同様、どちらも小さい部品がありますので、小さなお子様がいたずらしないよう注意が必要です。

 

使用方法は、どちらもスイッチを入れて、ノズルを赤ちゃんの鼻の穴に入れるだけです。

とっても簡単なのですが、圧をかけすぎると、粘膜を傷つけてしまう恐れがあるので、取扱説明書は必ずよく読んでからご使用くださいね!

かわいいイラストで説明されているので、難しく考えることなく、わかりやすくなっています。

 

そして気になるお値段ですが、503、504ともに単体価格10780円(定価・税込み)となっています。

504にはオプションが数点あり、ボンジュールプラスセットだと11420円(定価・税込み)パーフェクトセットだと11789円(定価・税込み)となっています。どちらも本格的な医療機器であり、一般的な在宅療養で使用する吸引機が数万円するのに対してかなりお求めやすくなっていますね。

私もメルシーポットは持っているのですが、断然パーフェクトセットがおすすめです!

特に新生児に使用する場合は、ボンジュールという細い付属チューブがないと鼻の奥の鼻水が吸えません。私は結局後で買い足しました。。

また、チューブを一時的に置いておきたいと言う状況が必ずやってきます。使用後のノズルをそのまま布団に置くのは不衛生ですよね^^;

チューブホルダーもママの声から生まれたものなので、ここは迷わずにパーフェクトセットを選んでおいた方が良いです。

 

メルシーポット 503 504どっちがどんな人におすすめ?

503は旧モデルと言われているので、販売終了の可能性があります。

在庫があればサイトによっては格安で出品されることもありますので、少しでも安く購入したいと言う方は探してみるのもよいのではないでしょうか?

部品については504と同じ規格で使えます。

でもやっぱり機能面も最新モデルの方が良いわという方は、504の方が長い目で見ると良いかもしれませんね。

子供だけでなく、大人も使用できますので、使用頻度やご事情に合わせて購入を考えてみてくださいね^^

メルシーポット504の悪い口コミ

  • 部品を分解して洗うのが面倒
  • チューブホルダーの粘着力が弱く、すぐに外れる。全体的にカーブのあるデザインなのでつけなおししにくい
  • 価格が高価
  • 動作音が思ったよりうるさい
  • 衛生的に使用する人ごとにノズルを変える必要があるが油性マジックでもはじいてしまう素材なので使い分けしにくい

などの口コミがありました。

私はメルシーポットを使っていますが、部品は分解して洗えた方が衛生的なので、逆に分解できたほうがありがたいと思っています。

ウイルスがついた鼻水ですから、しっかり分解して洗って仕上げにアルコール消毒もしています。

音については確かに静かとは言いにくいですが、鼻水を吸うときは子供も起きてますし、あまり気になったことはないですね^^

価格は確かに安くはないですが、鼻水を吸ってもらうためだけに病院に行く手間を考えたら、お値段以上のお買い物だったと思っています♪

今のご時世、病院に行ったことで他の病気のウイルスをもらいたくはないですしね。

メルシーポット504の良い口コミ

  • 思った以上にきれいに吸引でき、咳がでなくなった
  • 中耳炎を起こしにくくなった
  • 手動の他機器より吸引力が良い
  • コンパクトになり置き場所をとらない
  • 子供ははじめ嫌がっていたが、楽になるのを知って笑顔で吸われている
  • 赤ちゃんが生まれて買ってよかったもののベスト3に入る

などの口コミがありました。

以前にママが吸ってあげる手動の鼻吸い器を使ったことがあるのですが、全く取れないしママが感染してしまうリスクもあったので、電動のパワーに感動しました♪

我が家はまだ吸うのは嫌がりますが、楽になるのがわかる年齢になったらスムーズに鼻水吸引ができるようになりそうですね^^

これから子育てすると言う人には、これは本当に買っておいた方が良い!とおすすめしたいです。

メルシーポット503、504を徹底比較!|まとめ

メルシーポットの503と504のそれぞれの違いをまとめました。

2011年の発売から改良を重ねてきただけあり、どんどん使いやすくなっています^^

吸引力や使用感はあまり変わらないのですが、504は最新モデルといわれるだけあり、コンパクトさやオプションが充実しています。

どちらにせよ、電動鼻水吸引機は子育てお助けグッズの一つとしてだけでなく、鼻炎で苦しい大人にも使用できることから一家に一台あってもよいなと思いますよ♪

ABOUT ME
ゆーこ
4歳の女の子と1歳の男の子のママです。 上の子はちょっぴり反抗期?下の子は「ママ~」といつも追いかけてきて大変ですが、日々ママ業頑張っています! DIYと100均、シルバニアファミリーが大好きです。