大河ドラマ『真田丸』でも話題になった、長野県上田市。
この上田市に流れる千曲川の河川敷で毎年行われる花火大会ですが、長野県東信地区では一番大きな花火大会なのではないでしょうか。

今回は、この『信州上田大花火大会2018』のアクセス駐車場情報など、ご紹介したいと思います。
花火大会に行かれる方は、是非ご参考下さい。

スポンサーリンク

信州上田大花火大会2018の日程場所詳細

8月5日開催(予定)。

19:00~20:30

この花火大会、毎年曜日などは考慮されず、8月5日前後に開催される事が多いです。
なので、平日に開催される事も多々あります。

 

開催場所は『上田市千曲河川敷』にて開催されます。
こちら、花火をあげる場所として、特に高台とかがある訳ではないので、
普通に河川敷に座ってみていたつもりが、花火をあげるポイント近くでうっかり火柱が降ってきたり、轟音だったりする事もあるので、
小さいお子さんがいるお宅などは観覧場所は要チェックです。

 

 

観賞場所としてオススメなのは、上田イオンか上田アリオの屋上駐車場です。
エアコンの聞いた車の中からキレイな花火を見る事ができます。

ただ、すぐいっぱいになってしまいますので、この場所を狙う方は早めに場所確保する事をオススメします。

スポンサーリンク

信州上田大花火大会2018の駐車場情報

まず信州上田大花火大会へのアクセスですが、
車移動の方が多いかと思いますが、特に臨時駐車場などは設けられていませんので、周辺の有料駐車場などを利用して頂くことになります。

先にあげた上田イオンや上田アリオの駐車場は、その点うってつけですね。
ただ、花火が終わった後に帰ろうとしても、駐車場からなかなか出る事ができない。。。という難点がありますが。

信州上田大花火大会の穴場スポット

先にあげた上田イオンや上田アリオも穴場と言っては穴場ではありますが、
以前私が信州上田大花火大火に行った時に、上田イオン裏の坂道を下る途中で花火がキレイに見えたので、広めの道の路肩に停めて車中から観覧した事がありました。

お祭りの雰囲気を味わうには、屋台が並ぶ河川敷が一番ですが、
まだ子供が小さく小雨も降ってきていたので、これはこれで快適に鑑賞させて頂きました。

信州上田大花火大会の屋台情報


河川敷には多くの屋台が立ち並び、お祭りのワクワク感を存分に引き出してくれます!

しかしその分、混雑も凄いです。

河川敷で道幅もそこまで広くないので、屋台が立ち並ぶ場所を通ろうとすると、小さいお子さんは簡単に人の波に埋もれてしまうと思います><
決して手を離さず、もし可能であれば万が一の為に携帯を持たせておくのも良いのではないでしょうか?

おわりに

昨年のプログラムでは、真田にちなんだ内容が用意されていたり、
花火の形も六文銭など地域性を出したユニークな内容が盛り込まれていたようです。

実は、今年のゴールデンウィークに開催された「上田真田まつり」では、
大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸役を好演された草刈正雄さんがゲストでいらっしゃったとか。
まだまだ『真田丸』熱は冷めやらず・・・という所でしょうか。

信州上田大花火大会でも、昨年に負けず劣らず、真田を意識したプログラムが用意されているかもしれません。
歴史好きな方、大河ドラマ好きな方も、是非チェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク