6月10日の時の記念日。
子供が幼稚園に入園するまではそんな日があるのも知りませんでしたが、
毎年この時期になるとかわいい時計の製作を持ち帰ってきます^^

我が子が幼稚園の製作で作ってきた作品をご紹介しますね♪

スポンサーリンク

2歳児教室の時の記念日の製作

こちらは、2歳児の時に親子で一緒に作ったカエルの時計です。
時の記念日は6月なので、梅雨のシーズンのものと合わせて製作する事が多いようですね。

この時はカエルカタツムリが選べるようになっていましたが、
カエルの方が圧倒的人気!!

たぶん、2歳児にはカエルの方が認識があったんでしょうね。
確かに絵本などでもカタツムリよりカエルの方が出番が多い印象です。

カエルかカタツムリか迷ったら、カエルにしておく方が無難かと思います。

 

カエル、時計、針のパーツはあらかじめ先生が作って下さっており、
針は割ピンで止めて動かせるようにしてくれていました。

折り紙は細長く切ったものが色々な色で準備されており、
子供達がはさみを使って切ってのりで貼って行きます。

2歳児なので、かなり危なっかしいハサミの使い方の子もいましたので、
親もちょっとヒヤヒヤ。笑

もう少し低い年齢の子が作る場合は、ハサミではなく手でちぎった方がいいですね^^

3歳児、年少クラスの時の記念日の製作

さて、今度は幼稚園に入園して、年少クラスで作ってきた製作です。
ハイ、今年もカエルでした^^笑

今回は親の出番はないので、年少さんでも作れるような簡単な製作になっています。
時計の針も割ピンは使わず、ノリで貼っています。

1年経つと、目を書くのも大胆に上手になっている事に、
親としては感動いたしました(;_;)

こちらもパーツは全部先生が作って下さって、子供はパーツをノリで貼ったのだと思います^^

 

スポンサーリンク

3歳児、年少クラスのあじさい時計の製作

出典:http://soen.sblo.jp/

こちらはあじさい時計の製作です。

ちょっと深さのある紙皿に色を塗って、折り紙を貼り付けたあじさいですね^^
時計の数字部分は白い丸シールに数字を書けば簡単に仕上げられますね。

周りを葉っぱで飾り付ければとっても豪華なあじさいになります。

4歳児、年中クラスのライオン時計の製作

こちらはわが子が年中クラスで作ってきたライオンの時計の製作です。

紙皿に黄色い絵の具で色を塗り、クレヨンでお顔を書いています。
たてがみの色画用紙も自分で切ったと言っていました^^

時計の針を付けるのと、数字は先生が最後に仕上げをしてくれたそうです。

 

裏はこんな感じ。

 

 

表のアップ。

 

 

年中さんにもなると、はさみの使い方も上手になってきますね♪
いつの間にライオンの顔が書けるようになったのか…!

年少さんの頃からの成長に感動しちゃいました!

4歳児、年中クラスのてんとうむし時計の製作

出典:http://soen.sblo.jp/

てんとう虫の載っている葉っぱも子供たちが絵の具で色を塗って作ったそう。
てんとう虫の触覚や足は、木の枝で出来ています。
園庭や、お散歩に行った時
枝を拾って持って帰ってくるのも子供たちが喜びそうですよね^^

4歳児、年中クラスの雨傘とかたつむり時計の製作

出典:http://soen.sblo.jp/

カタツムリの時計は立てておけるようにしています。
雨傘時計もベースとなる傘の色も折り紙の飾りも色とりどりで綺麗ですね^^
持ち手は針金の入ったモールで作れそうです。

おわりに

子供の話によると、時計の時間を決める時に「何時が好き?」と先生に聞かれて、
「3時!」といって自分で時間を決めたそうです。

あ、やっぱり朝のバスの時間にすればよかったかな?
とも言っていました。
そんなエピソードがきけるのも楽しいものです。

今後も毎年作ってきたものを更新して行きますね♪
園での製作の参考にして頂けたらと思います!

園によってこんなにお給料が違うって本当?

 

転職したい保育士さんのために…転職サイトランキング! | 子育て小町
子供が大好きで、憧れの職業だった保育士になったけれど… 「今の保育園の先生たちの人間関係に不満がある」 「園長の方針が気に入らないから、他の園に移りたい」 「子供が好きな気持ちに変わりはないから、保育士での転職を考えている」 「今の給料が労働時間と割に合っていないから、もっと条件の良い園があったらと思っている」 「ハローワークでは条件の合う求人が見つからなかった」 様々な不満を抱えている保育士さんも多い事と思います。 実際、私の回りには保育士をしている友人が多いのですが、 仕事での不満をよく漏らしていました。 でも、そんな知人に共通するのが、 「子供が好きだから、保育士は辞めたくない。もっと条件の良い園に移れたらな…。」 という気持ちでした。 実際、同じ保育士での転職を考えている人って多いんですよね。 保育士って、内部を知らない人から見ると、 「子供と和気あいあいと過ごして、楽しそう」 というイメージですが、実際働いていると、 子供達が帰ってからも遅くまで事務仕事。 それでも終わらず、家に仕事を持ち帰って、家で遅くまで工作を作ったり、 製作のアイデアが浮かばないから、自腹で保育士向けの雑誌を購読したり、 仲が良さそうに見える先生同士の人間関係が実はドロドロしていたり、 体調が悪い時でも、子供は容赦なく突進してきて、それでも笑顔で頑張ったり、 常に子供の安全に気を配りながら、イベントを考えて頭をフル回転! ココだけの話、実は嫌な保護者も居るし… こんな激務なのに、他業種と比べて給料が安い!! ただほのぼのとした仕事と言うわけではない、大変な仕事ですよね! それなのに、給与面が満足いかない…という保育士さんが圧倒的に多いんです。 保育士って、小さい子供の成長を間近で見ることが出来て、 「入園してきたときは何も出来なかった子がこんなに成長して…」という感動をたくさん味わうことが出来て、 やりがいのあるとても素敵な職業ですよね^^ 妊娠、出産を挟んでも、保育士に復職するという人も多いですし、これぞ手に職という物だなーと思います。 どうしても今の園に不満があって、それでも保育士として仕事は続けたい、というようでしたら、

 

スポンサーリンク