c7148f3dfc14a4b66a6f348bf6fb0094_s

「ネントレ」という言葉、ご存知ですか?

「ねんねトレーニング」の略なのですが、

最近日本でもこの「ねんねトレー二ング」が認知されてきているので、耳にした事がある方も居らっしゃるかと思います。

おっぱいじゃないと眠れない、抱っこじゃないと眠れない赤ちゃんだと、夜中ママは大変ですよね?

2人目ともなれば、いずれ終わりが来るのは分かっているのですが、

1人目ママさんは、「もう私に夜つづけて寝れる日なんて来ないんじゃ…」と、不安になったり、毎日寝不足でフラフラだったり。

私も1人目の時はそうでした^_^;

そんな日々を乗り越えた体験談も交えつつ、「ネントレ」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

ネントレの種類とは

ネントレには、代表的な3種類の方法があります。

「泣かせるネントレ」

「泣かせないネントレ」

「ジーナ式ネントレ」

と呼ばれるものです。

どのようなネントレなのか、順番に解説していきます。

泣かせるネントレ

これは、短期間で効果を出したい、「早く夜ゆっくり寝れるようになりたい!」というママにオススメな方法です。

やり方は次の通りです。

1. 絵本を読む等の入眠儀式を行った後は、「おやすみ」と言ってママは部屋を出ます。(泣いても、声をかけるだけで、そのまま寝させます。)

2. 赤ちゃんが泣いたら、時間を決めて胸をトントンしてなだめに行きます。

3. 泣き止んだらまた、赤ちゃんを1人にします。

この方法のポイントは、時間をしっかりはかって赤ちゃんをなだめに行くことです。

5分後、10分後、15分後…と、だんだん赤ちゃんをトントンしに行く感覚を長くしていきます。

これは、赤ちゃんに「見捨てているわけではないんだよ」という事を示すためなので、

決してただほったらかすだけという事ではないです。

また、なだめる時は、添い寝やだっこはしないでください。

泣き止まなくても、1分以内に部屋を出てくださいね。

 

この方法は、上の子の時に実践しました。

ずっと添い乳をしていたので、おっぱいがないと眠れない子でした(^_^;)

泣き続ける我が子を見ていると、ついつい根負けしてしまいそうになりますが、

中途半端に中断するのが子供にとっては一番かわいそうですので、やると決めたらやり通す事が大切です。

一般的には、3日もあれば一人で眠れるようになるそうですが、うちは2日で成功しました^^

やりきってみると、もっと早くやっておけばお互い楽だったかなと。

 

でも、泣き続けると近所迷惑が心配だったり、

上の子やパパが一緒に寝ているからできない…という方もいらっしゃるかと思いますので、

そんな方には次の「泣かせないネントレ」がオススメです。

 

スポンサーリンク

泣かせないネントレ

これは、「泣かせるネントレ」よりは時間もかかりますが、もう少しゆるやかに行う方法です。

寝るときの添い乳をやめて、ただ添い寝をしたり、トントンしたりするだけで赤ちゃんが眠るように誘導します。

他にも、赤ちゃんが落ち着くような音楽を流してあげるのもOKです。

この方法の目的は「おっぱいがないと眠れない」という癖をやめさせる事。

期間も1か月ぐらいはかかると覚悟してください。

これは、「泣かせるネントレ」には抵抗があるけど、

赤ちゃんの夜泣きが辛くて、少しでも改善出来たらな…というママにオススメです。

ジーナ式ネントレ

この方法は、月齢が低い赤ちゃんにオススメの方法です。

できれば、生まれたばかりの入院中からやることが望ましいです。

「赤ちゃんが泣いたら授乳」ではなく、赤ちゃんの授乳、睡眠のタイミングをこちらがすべて決めてしまいます。

そうすると、赤ちゃんは自然とこの時間は寝る時間と認識し、

自然に眠るようになるという方法です。

 

私は残念ながらこの方法を知ったのは、月齢が進んでしまってからなのですが、

実践した方によると、お友達と遊んでいる最中にも、寝かしつけ無しで寝てしまうようになるそう。

 

産婦人科によっては赤ちゃんのバースプランや、

こんなことをしたいと言うのを聞き入れてくれる病院もあるので、

「ジーナ式のネントレをやってみたい!」と、

生まれる前に一言産院に相談しておくと良いかもしれませんね^^

 

この方法はおすわりが出来るぐらいの赤ちゃんにはもう実践が難しいので、

5~6か月以上の赤ちゃんには「ジーナ式ネントレ」以外の方法がいいですね。

まとめ

ネントレについては、まだ日本では認知度がそこまで高くないので、

賛否両論ある方法ではあるのですが、毎日寝れないママ、本当に辛いですよね。

横でグースカ寝ている旦那さんを憎らしく思ってしまったり(^_^;)

今は近く育児の相談ができる人がいなくて、ちょっと子供を預かってもらって息抜きすることもできず、

孤独に育児をしているママも多いと思います。

私もそうでした。

眠れないって、本当にイライラしてしまうので、ネントレして赤ちゃんに夜寝てもらって、ママの負担が減る。

そんなネントレ、私は大賛成です。

程々に手を抜きながら、楽しんで育児をできるママが増えるといいですね^^

 

赤ちゃんの睡眠についての記事はこちらも読まれています。

赤ちゃんの睡眠不足が影響する事まとめ

赤ちゃんのお昼寝が短い!ちょこちょこ寝を解決させる方法はコレ

赤ちゃんのお昼寝の場所はどこが最適?昼夜逆転を治すには

 

スポンサーリンク