最近は日本各地で夏の気温がうなぎ上り。
各地で過去最高気温を記録するところもあったと記憶しています。

そんな中では、赤ちゃんが具合を悪くしてしまう場合も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんは暑さに弱いもの。
着る物で温度調節をしてあげる事が大事ですが、暑いからって肌着を着せなくてもいいのでしょうか?

今回は、赤ちゃんの肌着事情についてリサーチして来ました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌着の役割・・・夏場は着せるもの?

まずは、肌着の特徴について確認しましょう。

肌着、特に赤ちゃん用のベビー肌着は、綿100%素材のものが主流です。
そして、汗を吸って体温調節をするという大切な特徴を持っています。
ですので、体温調節が必要となる夏場にこそ、是非肌着を着せてあげて下さい。

赤ちゃんでも新生児のお洋服(ベビーウェア)も、肌着と同様で綿100%の素材を使ったものが主ですが、
こちらは赤ちゃんの活発な動きを妨げずにデリケートなお肌にあたっても刺激が少ないもの・・・という為に用いられています。

赤ちゃんは汗っかきでお肌も柔らかく、夏には汗疹ができやすいという事もありますので、
是非肌着を着せて、また必要に応じては交換しつつ、上手に体温調整をしてあげて下さいね。

パジャマの時、冷えさせない為に気を付けたい事

夏の夜は寝苦しく、大人でも夜中に目を覚ましてしまう事がありますよね。
温度調整が上手にできない赤ちゃんなら、なおさら。暑いと何度も目を覚ましてしまい、
結果、母子ともに寝不足・・・なんて状況にもなりかねません。

また、暑いと赤ちゃんは寝ながらも活発に動いて、すぐに布団を蹴飛ばしちゃったり、床の上で寝ていたり。
寝冷えしないかと心配ですよね。

そんな時に、赤ちゃんが寝ている間に冷えさせない様に、下記の点に注意してはいかがでしょうか。

エアコンの温度設定を26°位にして、つけっぱなしにしておく

エアコンをつけたり、消したり・・・という行動が、赤ちゃんの温度調整を邪魔して、体にも負担を掛ける為、一番いけないそうです。
設定温度を低くしすぎずに、一定に保つように心掛けて下さい。

扇風機の前にバケツや洗面器に凍らせた保冷剤を入れて冷たい風を送る

エアコンをつけっぱなしに抵抗がある人は、扇風機を活用してみて下さい。
首振りは常にONにする事をオススメします。
一方向にだけずっと風をあてる様にしてみては、それこそ体調を崩す原因となってしまいます。

スポンサーリンク

対角線上に窓・ドアがあるお部屋の人は両方を少し開けておく

風の流れを感じると、実際の気温は同じでも、体感で感じる気温はグッと低く感じます。
風が通りやすいように、対角線上の窓とドアを開けておくのもよいでしょう。
ただし、防犯や事故(窓からの転落など)対策は忘れずにお願いします!
あと、蚊の侵入も防ぐようにして下さいね。

パジャマは腹巻がついている物を

赤ちゃんのお腹をカバーして、寝風邪をひかない様にカバーするのであれば、パジャマのズボンに腹巻がセットされているタイプがオススメです。
いくらお布団をかけても、足で蹴飛ばしちゃう・・・という経験、お母さんなら1度は我が子で経験済みでは?!
寝冷えはお腹からくる事が多いです。そのお腹を優しくカバーしてあげて下さい。

赤ちゃんに夏場布団は必要か&Yes?No? | 子育て小町
夏のムシムシした夜&大人も寝苦しいですが、代謝のいい赤ちゃんはもっと寝苦しいはず。 風邪ひかないように&と布団をかけてあげても、すぐに蹴っ飛ばしてしまって、朝起きて布団を掛けて寝ている事なんてほとんどなかったり^_^; 風邪ひかせてしまったらどうしよう&。 汗のせいであせもにはならないのかしら? 熱中症や脱水症状にはならないの&? 産まれたばかりの小さな小さな赤ちゃん。 心配事は絶えません(/ _ ; ) 赤ちゃんの夏場の暑さ対策にはエアコンを 真夏になると、いくら室内とはいえども温度はかなり上昇します。 子供が産まれる前は「節電を!」と扇風機だけで過ごしていた我が家も、赤ちゃんが産まれてからは迷わずクーラーをつけました。 クーラーをずっと付けっぱなしだと、赤ちゃんの体に悪いんじゃ&と心配される方も多いかと思いますが、今のママ世代が子供の頃と、近年の暑さ事情はかなり差がありますよね^_^; ここ最近の暑さは異常です! そして、大人に比べて赤ちゃんは体温調節が上手くできないので、熱中症になる可能性も高いので、ぜひクーラーを上手く活用して下さい。 赤ちゃんが快適だと言われる室内の温度は25〜27度と言われています。 しかしこれは起きている時の場合ですので、寝ている時はそれより少し高めの28度設定が最適です。 冷気と言うのは下に溜まるので、寝ているとどうしても冷えやすいんですね。 赤ちゃんに直接風が当たらないようにも気をつけてあげましょう^^ 赤ちゃんにとって夏場に最適な布団とは? 赤ちゃんって、汗をたくさんかきますよね! 我が家では、フローリングにベビー布団を敷いて寝かしていたのですが、朝起きた時に布団を畳んだら、フローリングが濡れていたんですよ!! これは何か対策をしないと、赤ちゃんも不快だし、布団もあっという間にカビてしまうな&と焦りました(*_*) そこで、赤ちゃんに最適な敷布団をご紹介しますね。 赤ちゃんに最適な敷布団とは? 赤ちゃん用の布団って、マットレス’防水シート’シーツという風に使うと思うのですが、シーツの代わりにキルトパッドを使ってあげるのがオススメです^^ 出典:

おわりに

いくら暑い夏でも、赤ちゃんが風邪をひいてしまう事はあります。
その多くが、汗をかいた時の体温調整がうまくいかなかった為。
特にお昼寝や夜間が多いようです。

肌着による体温調整を行いつつ、ちょっとした工夫で赤ちゃんが快適に過ごせるようにして頂きたいと思います。

スポンサーリンク