お子さんが小さい頃はベビーカー、1歳前後になると体重も増え、

中にはベビーカーを嫌がりお出かけに一苦労するママもいますよね。

そんな時、子供用自転車の購入を考え、前かごへ乗せお出かけしたい、と思いませんか?

そして更にお子さんが大きくなってくると、

子供乗せ自転車の後ろ乗せへ移行していきますね。

自転車に子供を乗せる時、前は何歳まで乗せることができるのでしょうか。

また後ろに乗せる場合は、何歳からなのかお答えします。

 

スポンサーリンク

自転車の子供乗せ、前乗せ出来るのは何歳まで?

道路交通法では、安全基準を満たしている自転車であれば、

6歳未満の幼児前と後ろに乗せて運転することが認められています。

合計3人までは可能ということですね。

 

6歳未満ということは、0歳時でも定義上は可能ですが、

やはり一人座りや、一人たっちが出来るなど

ある程度物事が分かり始め、自転車に乗せても暴れたりしない年齢から乗せることが安全でしょう。

その為、1歳を過ぎてから自転車を乗せる方が多いように思います。

 

そして、前かごに乗せることが出来るお子さんは、1歳以上4歳未満、体重15kg未満と定義している自転車メーカーが多いようです。

 

1歳以降はお子さんの成長具合も個々によって差がでてくるため、

「うちの子は10ヶ月-2歳までだった」

「うちは1歳半で終わった」

など色々意見は出てくるかと思います。

 

私の子供は1歳目前に子供乗せ自転車を購入し、1歳半を過ぎて13kg近くありますが、前乗せしてお出かけしています。

ただ、冬場厚手のコートを着せると横幅がパツパツで、身動きできない体勢になっていますが、

本人は機嫌よく自転車に乗っています。

 

スポンサーリンク

自転車に子供を乗せる場合、後ろは何歳から乗せるもの?

では後ろ乗せはいつから出来るのでしょうか。

 

自転車メーカーは、2歳~6歳未満、体重20kgと定義していることが多いようです。

 

定義上2歳からOKとなっていますが、私の子供のことを考えると、少し心配な気がします。

後ろは前と違って、動きが見えず、ベルトも簡易なものになるため、

自転車で昼寝をしてしまうと、落ちないか、また靴が脱げて落としてもわからないまま…など不安要素が多いです。

やはり今より更にしっかりして、自分の言葉で話が出来るようになってから

後ろ乗せデビューしても良いかな、と思っています。

 

実際、他のママの意見も調べてみると、

同じように子供の理解力がつき、安全に乗せることが出来ると判断出来る、

早くても2歳を過ぎてから後ろに乗せる、という意見が多かったです。

おわりに

前乗せと後ろ乗せは、いずれもパパママの裁量で乗せる時期は変わってくることがわかりましたね。

購入される子供乗せ自転車の規定に記載されている年齢と体重を参考にしながら、自転車デビューをされてください。

 

また前乗せでも後ろ乗せするにも、色々なタイプのシートが売られているため、

お子さんにあったベルトやサポートが付いたシートを購入されて、快適な自転車ライフを過ごしてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

自転車に乗るママにオススメなレインコートは?保育園送迎も安心!

赤ちゃん用自転車ヘルメットの賢い選び方!体験談から教えます!

ストライダーは何歳から乗れる?事故防止のためおさえておきたい事

 

スポンサーリンク