近年、当て字やかわいい、かっこいいを主張した名前、

いわゆる『キラキラネーム』が急増していますよね。

最近では「太郎」や「桜」といった古風な名前も流行りつつありますが、

それでもまだまだキラキラネームを付ける親が多いのが現状です。

中には、

「何て読むの?」

「あだなじゃないの?」

と思ってしまうものや、

常識から外れたような、本当に実在するのか疑ってしまうような名前まで様々です。

今回はそんなキラキラネームの実例をご紹介します。

スポンサーリンク

キラキラネームってどんな名前?

いわゆる『キラキラネーム』とは、

音の響きや漢字の見た目を重視して付けられた名前のことを指します。

音を重視して付ける場合は、

漢字の意味よりも「かわいさの雰囲気」で付けることが多いようです。

漢字の見た目を重視して付ける場合は、

使いたい漢字に、読みを後から当てはめて付けるということが多いようです。

また、好きなキャラクターや言葉を漢字に当てはめて付ける場合等もあるようです。

芸能人をはじめ、

若い夫婦の間で付けることの多いキラキラネームですが、

その理由としては『マタニティハイ』と『子供のペット化』が挙げられます。

マタニティハイ

初めての妊娠の場合は特に、両親共に気持ちが舞い上がってしまい

そのテンションのまま付けた名前がキラキラネームになってしまうというケースです。

無事に出産し、少し落ち着いてきた頃にわが子の名前に違和感を覚える。

マタニティハイになっている時点で、

誰か第三者が意見できる環境であればいいのですが、

核家族が進む現代ではなかなか難しいのが現状です。

子供のペット化

わが子がかわいいのはもちろんですが、

「自分がそう呼びたいから」などという自分中心の偏った考え方で

子供の将来を尊重しないで決めるケースです。

雰囲気重視なのであとで後悔することが多いパターンです。

スポンサーリンク

最近の酷いキラキラネームの実例

キラキラネームと聞くとほとんどの人が抵抗を示しますが、

中には前向きな意見もあります。

・印象的な名前なので覚えてもらいやすい

・まわりとかぶりにくい

・注目されやすい

・世界に1つだけの名前という意味では特別感がある

確かに、

読みは難解だけど意味がわかると納得できるという名前もある気がします。

ですがやはり限度がありますよね(^^;)

では、実際に実在したキラキラネームをご紹介します。

男の子編

・姫守(ひも)

・詩羽楊(じばにゃん)

・覇安威(はあい)

・弥有二(みゅうつー)

・羽々亜(はうあ)

・生愛(りばい)

・大魂(だいそー)

・心太(はあふ)

・王子(きんぐ)

・誕生(バース)

・主人公(ひーろー)

・九珠(くず)

・雨存(あまぞん)

・爆走蛇悪(ばくそうじゃあ)

・偉人(ぐれいと)

・夜神(はです)

・皇帝(しいざあ)

・聖夜(いぶ)

・行晃(いけてる)

・喜怒哀楽(ゆたか)

女の子編

・唯一神(ゆいか)

・月姫(らめ)

・歩木鈴(ぽこりん)

・凛空(りすか)

・妃仁(ひにん)

・茄子(かこ)

・碧(あくあまりん)

・万華(まんげ)

・羽夢舞(ぱろま)

・手洗(てぃあら)

・初珠(うぃっしゅ)

・萌胡莉(もこり)

・理想女(りそな)

・珍子(よしこ)

・愛歩(あほ)

・愛保(らぶほ)

・天使(ふぇあり)

・純粋(ぴゅあ)

・菜七(ななな)

・精飛愛(せぴあ)

 

え!?本当にこんな名前あるの?!と思った方。

…あるんです。

すべて現実に存在する名前なんだから驚きですよね。。

おわりに

名前は子供が一生背負っていくものだからこそ、

その時の感情やテンションで決めるようなものでは決してないと思います。

 

現に、キラキラネームを付けてしまったことに後悔している方も多くいるようです。

就学前であれば改名も通りやすいなどの話もあるそうですが、

子供のことを考えれば控えたいですよね。

 

『世界に1つだけの特別な名前!』という考え方はとても素敵だと思います。

ですが、この世に生まれてきてくれたことを本当に

『特別だ!』

と思える名前を付けてあげることがとても大切なことなんだと感じました^^

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

いないいないばあっ!わーおに赤ちゃんを出演させたい時にするべき3つの事

おかあさんといっしょに子供を出演させるコツ!パントに選ばれるには?

テアトルアカデミーの一次審査に不合格だった話と合格だった話

スポンサーリンク