2ae75bc4d7eb6ab418e144a85765d45e_s

赤ちゃんが1歳頃になると、ママの自転車に一緒に乗せられるようになりますよね^^

今までは近所をベビーカーや抱っこひもでお出掛けしていたのが、グンと行動範囲が広がって楽になります。

スーパーでは今までより重いものもたくさん買い込む事が出来るし、ちょっと遠くの公園に連れて行ってあげる事もできますよね^^

でも、赤ちゃんを自転車に乗せる時に必ず必要になってくるもの・・・

そう、赤ちゃん用ヘルメットです!

実は管理人はこのヘルメット選びに失敗した経験がありまして(^_^;)

そこでその経験を活かして、失敗しないヘルメット選びをお伝えします!

スポンサーリンク

赤ちゃん用のヘルメット、付けないのはNG?

赤ちゃん用のヘルメットって、結構嫌がる子が多いんですよね。

我が子も最初は嫌がって嫌がって、付けさせるのに苦労しました。

付けた方が安全なのは分かる。

でも、付けないと罰則があるのかって気になりませんか?

 

実は日本では法律により2008年から子どもへのヘルメット着用が「努力義務」となっています!

 

注意義務なので、罰則は無いのですが、

 「ちょっとそこのお母さん!危ないよ!」

と、おまわりさんに声をかけられることは十分考えられます(^_^;)

 

大事な我が子の安全の為、ヘルメットはぜひ着用しましょうね!

それでは次に選び方をご紹介します。

赤ちゃん用ヘルメットの選び方…サイズをきちんと測る

これは本当に重要です!一番重視してください!

赤ちゃん用のヘルメットはデザインのかわいいものがいっぱい出ていて、ついつい見た目重視で購入したくなるのですが、まず最初にチェックして欲しいのがサイズです!

一番確実なのは、実際にお子さんの頭の大きさを測って頂くのが良いです!

測り方は、額の部分から、耳のすぐ上のラインを通り、後頭部の一番出っ張っている部分を測ります。

 

参考までに、赤ちゃんの頭位の平均を載せておきますね。

どうしてもうまく測れない!という方はこちらの平均を参考にしてください。

 

月齢 男の子 女の子
10か月 45.9㎝ 44.9㎝
11ケ月 46.2㎝ 45.2㎝
1歳 46.5㎝ 45.5㎝
1歳半 47.8㎝ 46.3㎝

 

1歳半~2歳 48~50cm
2歳~3歳 50~52cm
3歳~4歳 50~52cm
4歳~5歳 52~54cm
5歳~6歳 52~54cm

 

管理人はここを怠ったため、ブカブカのヘルメットを購入してしまい失敗しました(..)

「どうせすぐ大きくなるしね。」

という考えはヘルメット購入の時は捨ててください。

ブカブカですと、万が一の時に全く役目を果たしてくれませんよ!

ちなみに我が家は1歳の子供に48㎝~50㎝のヘルメットを購入したんですが、これは1歳の子供には大きすぎます!

物にもよるとは思いますが、これは2~3歳向けのサイズなので、ジャストサイズのものを選ぶようにしてくださいね!

赤ちゃん用ヘルメットの選び方…SGマークがあるか

日本には「SGマーク」という安全を高い基準でクリアしている物に付けられるマークがあります。

このマークがある商品はより安全であると言えます。

もしこのマークが付いていて、商品の欠陥が理由でケガをした場合は保険金が支払われます。

赤ちゃん用ヘルメットの選び方…2~3年で買い替えを

そんなに早くもったいない!

と思うかもしれませんが、子供の頭の大きさは2~3年も経つとかなり成長します。

赤ちゃん用に買ったヘルメットが、幼稚園の年中さんぐらいになると買い替える事になるのは普通ですよ^^

なので、今回購入したヘルメットは年中さんぐらいを目途に買い替えになると頭の隅に覚えておいて下さい。

赤ちゃん用ヘルメットの選び方…アジャスターで調節できるものを

お子さんの頭の大きさはその子によって違います。

なので、アジャスターで微調節できるものが良いですよ!

大き目のヘルメットを買ってしまった我が家も、このアジャスター機能にはかなり助けられました!

 

スポンサーリンク

赤ちゃん用自転車ヘルメットはこれがオススメ!

以上の条件を満たす赤ちゃん用ヘルメットをご紹介しますね。

nicco

こちらは頭位46㎝から対応なので、1歳を迎える少し前ぐらいから使うことが出来ます。

アジャスター付きで、上の子の時代(3年前)も周りで買っているママが多かったのですが、今も変わらず人気なようですね^^

このデザインは子供が被るとかわいいこと間違いなしです!

 

ナットケース

こちらは頭位47㎝から対応。12か月~が適応年齢です。

一番の魅力はデザインの豊富さです。

NIKEのクリエイティブディレクターが立ち上げたブランドという事で、常に人気があります。

アジャスター付きで、海外のメーカーですが安心のSGマーク取得済の商品です。

 

TETE スプラッシュハート

こちらは頭位48㎝~とやや大きめ。

デザインがかわいらしいので、ヘルメットを嫌がるお子さんもこれならかぶってくれそう^^

ダイヤル式のアジャスターなので回しやすいですし、虫よけのメッシュネットが付いているのもうれしいですね!

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

お子さんの安全を守るヘルメット。

しっかりサイズの合ったものを失敗の無いように選んであげてくださいね^^

お子さんのヘルメット選びの参考にして頂けたら幸いです!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

子供の自転車、16インチは何歳まで乗れる?賢いサイズ選びの方法

幼稚園選びはこれで失敗しない!9つの選び方とポイント[体験談]

保育園選びの失敗談…選び方のポイントとは?

スポンサーリンク