母の日に、日頃の感謝の気持ちをこめて何かお母さんにプレゼントをしたい…。

小学生になると、家庭科で調理実習があったりで、料理と触れ合う機会が出てきますよね。

それをぜひ、母の日に活かしませんか^ ^?

小学生でも作れる、母の日のおもてなし料理といったら…アレですね^ ^

 

スポンサーリンク

やっぱり1番のオススメは、カレーライス!

image

実は、私が小学生の時に母のために初めて作った料理がカレーライスでした^ ^

カレーライス=簡単でおいしい!!

みんな大好きカレーライス♪

でも普段料理をしない、小学生ならではの失敗しやすいポイントもあります。

失敗しないためのポイント

  1. 野菜を切るのには時間がかかる
  2. カレーのルーを入れたらその場から離れない
  3. ご飯が炊けているかを確認する

です。

野菜を切るのには時間がかかる

普段包丁を持つ機会が少ないと、野菜を切るのに思った以上に時間がかかります。

ピーラーでジャガイモや人参の皮を剥いたり、お肉を切ったり。

主婦ならば5分〜10分で終わることも、野菜を切るだけで30〜40分はかかるでしょう。

夕飯のために作るようでしたら、カレー作りは余裕を持って16:00頃には作り始めましょう^ ^

作っている最中にお腹がペコペコで、つまみ食いの量が増えてしまいます。

カレーのルーを入れたらその場から離れない

コレは本当に重要です。

カレーのルーを入れた後は、非常に焦げやすいです。

私は母のためにカレーライスを作った時、見事に焦がしました^_^;

それでも母はおいしいおいしいと食べてくれましたが、出来ればお母さんにおいしいカレーライスを食べてもらいたいですよね。

ちょっと目を離すと、簡単に焦げます。

ルーを入れたら、必ず弱火で、出来れば鍋の前から離れずに、こまめにかき混ぜていれば100%安心です。

ご飯が炊けているかを確認する

炊飯器の炊飯スイッチは押していますか?

これも、やりがちな失敗です。

ご飯がなくては、カレーライスにはなりません。

ルーだけ出来て、ご飯はこれから…ではお腹はペコペコです。

出来れば、料理を始めたらまず最初にお米を研ぐことから始めましょう。

 

以上が、私の失敗から学んだポイントです。

 

スポンサーリンク

余裕があれば、見た目もかわいく♪

もしも余裕がある場合は、見た目にも少しこだわってみませんか?

image

こんな風にチーズやハムを切り取って飾り付けすると、見た目が華やかになりますよ^ ^

ミニトマトも彩りが綺麗になりますね。

 

手先の器用さに自信があるようでしたら…

image

こんな飾り付けもかわいいですよね^ ^

目の部分は海苔、赤い部分は茹でた人参を使っていますが、大変なようでしたらケチャップを使えば何とか形になります。

トサカの部分はお弁当用のかわいい楊枝で代用すれば簡単ですね。

ご飯にコーンを載せるのも、色鮮やかです^ ^

 

母の日に作るカレーライスの失敗しやすい点、かわいい飾り付けについてご紹介しました。

失敗してしまっても、我が子が作った手料理ならどんなものでもおいしいんですけどね^ ^

親子で素敵な母の日を過ごして下さいね♪

 

母の日に関する、こんな記事も読まれています。

関連記事:母の日、中学生からのプレゼントで低予算でも喜ばれるものは?

関連記事:母の日に贈りたい、簡単手作りお菓子のレシピ4選

 

スポンサーリンク