9575df89b5f06486d2b1a36d6c61cb7d_s

1歳半頃になると、離乳食期が終わって幼児食期に入ります。

離乳食というと、しっかりやらなくちゃ!と本を買ったりして必死に調べたりもしたものですが、幼児食って離乳食に比べて適当になりがちじゃないですか(^_^;)?

私がそうでした。。

幼児食について、一度見直してみましょう^^

簡単に作れる大人からの取り分け幼児食のレシピもご紹介します!

スポンサーリンク

幼児食の気をつけたいポイント

幼児食は、離乳食と大人の食べる普通食との橋渡しの時期です。

実は1歳半から5歳頃までが幼児食の時期なんですよ!

幼稚園にもなると、何でも食べれるから…と大人と同じ味付けのものをあげてしまったりしていませんか?

幼児食で気をつけたいポイントをまとめました。

味付けは薄味が基本

幼児食は、大人と同じ味付けにするのはまだ早いです。

小さいうちから甘すぎる、しょっぱすぎる味に慣れてしまうと、味覚の発達に影響します。

肥満や生活習慣病につながる事も…。

素材本来の味やうまみを生かしたものを作ってあげましょう^^

だからといって、毎回同じ味付けだと「飽き」も出てくるのがこの時期です(..)

食が進まないな~と思ったら、いつもと違った調味料で味付けしてみるといいですよ♪

醤油、お塩、味噌、砂糖は使ってOKです。

うちの子はトマトスープの酸味をお砂糖で抑えたら飲んでくれたりもしましたよ^^

調理方法も工夫を

大人と同じ大きさ、固さのものはまだ食べることができません。

その子の食べやすいように工夫してあげましょう。

ちなみに、パサパサした触感が苦手なうちの子は、お魚をあんかけにしてあげたり、ハンバーグも煮込みハンバーグにしてあげたりしています。

おやつも1食と考えて栄養のあるものを

幼児食の時期の子供は、まだ胃も小さいですし、3食ですべての栄養を摂取するのは難しいです。

そのため、おやつも1食として考えます。

大事な1食をスナック菓子ばかり食べさせるのはNGです。

すぐにお腹がすいてしまって、だらだら食べの原因にもなるので、いっそのことおにぎりを食べさせてしまった方が良いです。

我が家では、ラップにごはんを乗せてあげて、「自分でにぎにぎして~!」と言って作らせています。

その方が楽しんで食べてくれますよ♪

おやつは1日1~2回、次の食事に響かないように時間を決めてあげましょう。

食べこぼしも成長の過程と捉えて

この時期、どうやったらこんなに汚せるんだってぐらい、食べこぼしをします(^_^;)

でも、それでママが怒ってしまっては食事をする=ママに怒られるとインプットされてしまうので、イライラせずにゆったりとした気持ちで見守ってあげましょう!

我が家はカーペットを汚されるのが嫌だったので、この時期は思い切ってカーペットは敷かずに床で過ごしました!

それはちょっと極端ですが、下に新聞紙を敷いたり、汚すだけ汚させて、最後に掃除する!と決めたりすると気持ちが楽になりますよ^^

食事は楽しいものと思ってもらう

何より大事なのは、ご飯を食べるのって楽しい!という気持ちにさせる事^^

家事が溜まっていて、ついつい食べさせている間に家事をやりたくなりますが、あなたも一人で食べるごはんっておいしく感じないですよね?

ご飯の時は手を止めて、出来れば一緒に食事をしましょう!

「この中ではどれが好き~?」とか、「野菜食べれて偉い~!」とか、会話をしながら食べた方がおいしく感じられますよ!

スポンサーリンク

簡単!大人から取り分けられる幼児食のレシピ

食べられる食材の数も増えた幼児食の時期。

ママの負担にならないようにするには、大人の料理から取り分けられるのが1番ですよね^^

大人用のごはんの味付けをやや薄目につくって取り分けましょう!

ごはんものから取り分け

わかめ入りチャーハン

大人用に作ったチャーハンに、水で戻したわかめと水少々を加えてひと煮立ちさせ、残った汁は捨てます。

わかめは食物繊維たっぷり!

ご飯ものは大人よりはやわらかめに。水を加えたらレンジで加熱すると簡単ですよ^^

麺類から取り分け

キャベツ入りやきそば

焼きそばを食べやすく切り、キャベツの千切りと水を加えて火にかけ、蓋をして蒸らして残った汁は捨てます。

キャベツを入れる事によって、全体の塩分濃度が下がるので幼児食用の味付けになります。

煮物から取り分け

煮物の和風スープ

大人用に作った煮物を一口大に切り、だし1/2カップを加えて煮ます。

牛乳で煮て洋風にしてもOK!

ジャガイモなどのイモ類の場合はパサつきやすいので、汁物にしてしまった方が食べやすいですよ^^

揚げ物から取り分け

から揚げのあんかけ風

からあげを一口大に刻み、だし汁をひたひたにつかる量加えて煮て、片栗粉でとろみを付けます。

キャベツの千切りを添えても^^

生のキャベツが苦手な子は、一緒に煮込んでしまうと食べやすくなりますよ。

カレーから取り分け

カレーチャーハン

カレーの具を大さじ2杯取り、粗くつぶします。

ごはんを子供茶碗7分目に混ぜ、レンジで30秒加熱します。

カレーを作る時は、甘口で作り、大人用にはカレー粉を加えるといいですよ^^

おわりに

幼児食の気をつけたいポイント、オススメの取り分けレシピをご紹介しました。

絶賛幼児食を食べている子供のいる我が家。

離乳食期の赤ちゃんも居るので、それぞれのために別々に料理を作るなんて出来ません(;一_一)

取り分けレシピを上手く活用して、ママの負担にならないように幼児食作りを楽しんでくださいね!

 

2~3歳のお子さんに関する記事はこちらも読まれています。

2〜3歳児に昼寝は必要?機嫌良く起きる起こし方とは

シャボン玉の作り方、巨大で割れないものは液と道具にコツあり

幼児がいるご家庭で地震に備えておきたい事…場所別に考える

スポンサーリンク