「中学入学準備というのはお金がかかる!」

とばくぜんと聞いていても、
どのくらいかかるのかってなかなか実感がわかないですよね。

私立と公立でかなり費用が変わってきますので、
費用を知ってあわててお金を用意することのないように、あらかじめ費用は知っておきましょう。

スポンサーリンク

中学入学で必要な準備費用〜私立編〜

受験料や入学金

我が家は2校受けました。
2校とも20,000円ずつ
口座に振込むときの手数料が945円かかりました。

計:40,945円

制服やカバン

・制服一式(ブレザー、冬スカート、長袖ブラウス、リボンやネクタイ、冬パンツ、ソックス、ベスト、半袖ブラウス、夏用スカート) 55,000円

・体操用品(体操着上下2セット、体操靴) 20,000円

・通学バッグ 4,800円

・定期入れ 1,080円

・通学用革靴 7,000円

計:12,880円

授業料

・授業料(一括払い) 300,000円

・塾費 10,000円

・PTA会費 9,500円

・修学旅行積立費 30,000円

・生徒会入会費  9,000円

計:358.500円

その他

・定期代 5,000円

・部活動費 5,000円

計:10,000円

 

合計:422,245円

 

上記は一番上の子が私立を受験した時に実際にかかった費用です。

私立だとよっぽど自信がない限り、受験する学校は何校かあると思うのですが、
もっといろんな学校を受験する方はもっと費用がかさむと思いますし、
もっと1校1校の受験料が高い学校もあるようです。

 

制服は周りのママ友に効いた限りだと、わりと安めだと思います。
やっぱり私立なので、デザイナーの方がデザインしている制服だと
80,000円くらいかかる場合もあるようですよ。
ただ80,000円いうのはかなり高めになりますね。

 

我が家の場合には42万円で収まりましたが、
余裕を持たせるために50万は見積もっていた方が良いと思います。

スポンサーリンク

中学入学で必要な準備費用〜公立編〜

制服やカバン

・制服(ブレザー、夏用スカートやズボン、半袖シャツ、冬スカート、長袖シャツ、リボンやネクタイ、冬のスカートやズボン、靴下、ベスト) 60,000円

・カバン 1,000円

・ソックス 1,080円

・体操着(体操着上下、ハーフパンツ2組ずつ) 15,000円

計:77,080円

その他

・PTA会費 4,500円

・遠足や校外学習費用 20,000円

・部活の費用 5,000円

計:36,000円

 

合計:113,080円

 

まず、私立とは違って、受験料やら入学費用がないのが助かりますよね。

また、学校用のかばんや靴下も指定されていないので、
安いところで購入するというのも手です。

我が家は一番上の子が私立に通っていましたが、
小学校卒業と中学校卒業が同時期だったので、クリーニングしてからおさがりを使わせていました。

このクリーニングをしなければもっと節約できますよ。

まとめ

・私立だと42万ほどかかったが、ある程度差があるので50万くらい見積もっていても良い

・公立だと11万円ほどかかった。少し見積もるとしたら15万くらい

 

私立の中学校に通った子供と公立に通った子供の準備費用をまとめてみました。

おさがりを頂ければもっと節約できる部分がありますし、
公立なら比較的自由なので学校に関係する備品などは
フリマアプリなどで購入することで格安で手に入ります。

ただ、気にならない方だけのおススメの方法ですので、
気にならない方はそのような方法をとって、浮いたお金で進学のお祝いをしても良いと思いますよ。

 

よくよく考えてみると私立の場合には結構費用が掛かりますよね。
このお金はなるべくなら、余裕を持って準備しておいて慌てることのないようにしましょう。

スポンサーリンク