3人目は女の子が欲しい!

我が家は上が女の子、下が男の子。

周りからは
「一姫二太郎なんて最高ねー!」
と言われますが、どうやら娘はそうは思っていないようで…( ;∀;)

 

「〇〇も妹が欲しかった…。」

周りのお友達は姉妹で楽しく女の子のおもちゃで遊んでいるようで、
それが羨ましいみたい。

 

それは無いものねだりだよ~と思うんですが、
確かに先々の事を考えると、
姉妹だと大人になってからも仲良くできるのかなーなんて。

3人目を考えるなら、女の子だったら良いのかな?

男女の産み分けは自宅でできる

お恥ずかしながら、2人子供を産んだのに、
男女の産み分けについてはたいした知識がなく、
何となく「産婦人科でやってるとこもあるよね~。」
と言う程度の認識でした。

でも、この男女の産み分けって自宅でも簡単にできるんですよ。

 

それがこのピンクゼリーです。

 

こちら、実際に通販してみましたので、
詳しくご紹介させて頂きますね^^

ピンクゼリーを実際使ってみた!口コミレビュー!

箱の大きさはタンポンの箱と同じような形状。
箱も開封しやすくなっています。

 

 

1箱に10本入り。
もちろん、個別の包装になっていて衛生的です。

「ピンクゼリー」は安全に徹底的にこだわっているので、
日本製でしかも産婦人科医と共同開発
管理医療機器の認証を受けた唯一の産み分けゼリーなんだそう。

ここに魅力を感じて購入する人が多いんだとか。
(もちろん私も!)

 

 

容器はこんな感じ。
一般的なタンポンよりも細いので、タンポンを使い慣れている方ならば、
抵抗なく使えますよ。

 

 

使用するときは先端のキャップを横に倒すと外れます。
力もいらないので簡単です。

 

 

実際に使った使用感は?

実際にピンクゼリーを使ってみたんですが、

男性は使うの怖がる人もいるのかも…(´・ω・`)

 

個人的には、主人と仲良く使えたらいいなぁ…。
なんて思ってたんですが、
「どこまで入れていいか分かんなくて怖い…」と。

オイオイ( ;∀;)笑

 

自分でやった方が大丈夫な深さも分かるので、
ご主人がビビるタイプだったら自分でやりましょう。笑

 

ゼリーを入れるのは本当に簡単。
力もいらずにサッとできます。

入れた後も、「何か入ってる感」は全くないんです。
他社のゼリーだと量が多くて、
違和感を感じるものもあるようなんですが、
ピンクゼリーは違和感のない丁度良い量に調節してあるみたい。

コストパフォーマンスも良い◎

男女の産み分けができるゼリーって、
通販出来る有名どころだと、
ベイビーサポート、ハローベビー、そしてピンクゼリーの3社なんですが、
それぞれのコストパフォーマンスを比較してみました。

 

価格(1箱) 1本あたり
ピンクゼリー
15984円(10本入) 1598円
ベイビーサポート
14904円(7本入) 2222円
ハローベビーゼリー
13824円(7本入) 2060円

 

ピンクゼリーは他社より本数が多いので
1本当たりの価格が一番お得です♪

2箱以上購入すると、
ベビ待ちママには必須の『葉酸サプリ』もついて来ます。

 

 

他社の産み分けゼリーは『雑貨扱い』

コレ、私は衝撃だったんですが、ピンクゼリー以外の
似たような形状の商品は『雑貨扱い』なんだそうです。

雑貨って…(´・ω・`)
おもちゃと一緒ってこと?

 

同じような形状の産み分けゼリーで、唯一『管理医療機器』の認定を受けているのが
このピンクゼリー。

 

実は『雑貨』という扱いだと、制度上は体内への使用が不可なんです。

産み分けゼリーとして売られているのにもかかわらず、
体内に使っちゃダメってどういうことー?!ですよね。

 

どう使うかは「購入者さんの判断次第」って事なんだそうです。

購入者さんに安心して使ってもらいたいから、
時間と手間をかけてでも管理医療機器の認証を受けたというピンクゼリー。

そんなに安いものでもないんで、一番効果に期待できる、
安心して使えるものを選びたいですよね^^


赤ちゃんに副作用・障害が出ることはない?

赤ちゃんの体への影響って、どうしても神経質になってしまいますよね。

私も、妊娠初期はビタミンAを取ると障害のある子が生まれやすいなんて
話を聞いて、それはそれは不安になった覚えがあります( ;∀;)

でも、ピンクゼリーは赤ちゃんへの影響は心配ナシ!

 

安心して利用してもらうために、

薬を作るのと同じクリーンな環境で生産されていて、
衛生面でも安心できますし、

使われている成分も
赤ちゃんの発育に影響するようなものは一切含まれていません。

さらに女の子を授かる確率をアップさせる方法

これには旦那さんの協力も必要になります。

当日までに古い精子を少なくさせて
精子の量を調整すると女の子を授かる確率が上がります。

産み分け当日の1週間前に2度ほど射精しておくこと。

 

また、女性が感じすぎず、射精は浅めにするとよいとも言われています。

男性のものを口でして、射精が近くなったら産み分けゼリーを
挿入してから射精すると言う方法がオススメです。

我が家も実践しています!

できれば3人目は女の子だといいな…と、我が家も思っていますので、
産み分けゼリーを実践中です♪

産み分けゼリーと、女の子が生まれやすくなる方法、
両方実践すると7割は女の子になるとのこと。

7割って結構な確率ですよね!

何もしないで自然に任せるよりは格段に女の子が生まれやすくなります。
あなたもぜひ試してみて下さいね^^