男女の産み分け方法の一つに

リンカル』を使った産み分けがあるのをご存知でしょうか?

特に男の子を希望する場合に用いられる薬で
必要なカルシウムを補ってくれる薬です^^

今回はこの『リンカル』を使った産み分けの成功失敗談
成功確率はどのぐらいなのかをお伝えします!

スポンサーリンク

リンカルを使った産み分けとは?成功する確率は?

リンカルとは『リン酸カルシウム』の略で
葉酸と似た働きがあると言われています。

もともとは赤ちゃんの『先天性異常の確率減少』の目的で
開発されたものだそうで、
これを服用していた妊婦さんから生まれてきた赤ちゃんは
男の子であった確率高いことがわかったそうです。

そのため現在では、
男の子の産み分けを希望する方にオススメしている薬の一つです^^

 

リンカルは錠剤で、朝晩に2錠ずつ飲みます。

すぐに効果は出ず、
少なくとも2~3ヶ月は飲み続ける必要があります。

この場合で男の子を妊娠する確率は
およそ7~8割だそうで、とても高いですよね!

ただし、これはあくまでも毎日飲み続けた場合の確率です。

もしも飲み忘れがあった場合は
これまで飲んできたリンカルの効果が薄れてしまいます。

特に丸2日飲み忘れると効果が0になってしまいます。

必ず毎日朝晩2錠を飲み続ける努力が必要ですね!

 

また副作用についてですが、
カルシウム食品なので体に害はありませんが
決められた錠数以上を摂取してしまうと腎臓障害が起きる可能性があるので
かならず錠数を守るようにしましょう^^

リンカルは薬局やネットでも購入することができますが、
効果がない」などの口コミもあります。

確実なのはやはり産婦人科で処方してもらうことです。

産婦人科を受診した際に一緒に購入するのが一番安心ですよね^^

>>産み分けの費用って実際どのくらいかかるの?

スポンサーリンク

成功談&失敗談、注意点は?

薬を飲むだけなのでチャレンジしてみたい!
と思っているママもいると思いますが、
実際の成功談や失敗談も気になりますよね?(^^;)

注意点も合わせて、
チャレンジする前にぜひ参考にしてみてくださいね!

成功談

・毎日欠かさず飲み続けた
・排卵日を事前に教えてもらった
・男の子が生まれるタイミング(例:明日の朝etc)などを
細かく教えてもらい、そのタイミングで性交した
・リンカルとタイミング法の併用

失敗談

・飲み忘れがあり、効果が持続できなかった
・排卵日が不規則なので、タイミングがなかなか合わなかった
・最低2ヶ月は飲み続けなければいけないところ
期間が短かったため成功しなかった

注意点

・毎日飲み続けること
・排卵日に性交、排卵日以外は避妊すること
・できれば性交の2ヶ月前から服用開始すること
・妊娠発覚後も飲み続けること

 

成功の秘訣は

リンカルとタイミング法の併用

ですね!^^

今はアプリなどでも排卵日予測ができますが、
あくまでも予測、そして体の調子などによって数日のズレが生じてしまのはしかたのないことですよね。

ですが産婦人科では、
細かく排卵日を予測してくれるので
しっかりとタイミングを合わせることが可能です!^^

 

失敗談で多いのはやはり『飲み忘れ』でしょうか(^^;)

普段から薬の飲み忘れが多い、3日坊主が多い・・・という方は
なかなか難しいかもしれません。。

根気強く続けられるよう努力が必要ですね☆

 

注意点としては、
『性交前』と『妊娠発覚後』も飲まなければいけない点でしょうか。

理由としては体が安定するためだと言われています。

前述したとおり副作用の報告はないので、
風邪薬や痛み止めなどの併用も可能です( ^^ )

おわりに

リンカルを使用するとなぜ男の子の妊娠確率が上がるのか
決定的な裏付けはないそうですが、
飲み続けるだけで効果を期待できるのであれば
チャレンジしてみるのもアリかなとわたしは思います( ^0^*)

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

絶対に女の子が欲しいならピンクゼリー!使ってみた口コミ | 子育て小町
3人目は女の子が欲しい! 我が家は上が女の子、下が男の子。 周りからは 「一姫二太郎なんて最高ねー!」 と言われますが、どうやら娘はそうは思っていないようで&( ;

スポンサーリンク