妊娠を希望するママの中には、
「この性別がいい!」と希望するママもいると思います。

わたしも昨年男の子を出産しましたが、
次は女の子がいいな~♪なんて、ふと思ったりします。

現在は、
そんな産み分けを希望するママの希望を叶えてくれる病院が多く存在します。

でも気になるのはやはり・・・費用 >< どれぐらいの費用がかかるのか・・・想像できないですよね ><

また早期の妊娠を期待しているママにとっては、
期間はどれぐらいかかるのかも気になるところです。

今回はそんな男女の産み分けにかかる費用と期間についてお伝えします!

スポンサーリンク

専門医にかかるといくらぐらいかかるもの?

産み分けにかかる費用、みなさんはどれぐらいだと思いますか??

先にお話しておくと、
産み分けで受診する場合は『保険適用外』になります!

また、産み分けの方法もいくつかあるので
その方法によって金額も変わってきます。

初期費用から代表的な産み分けの費用までを調べてみました。

初期検査でかかる費用としては
だいたい16,000円前後かかってきます。

 

初診料 約10000円
血液検査 約2000円
頸管粘液検査 約1000円
円超音波検査 約2000円
尿検査 約1000円
合計 約16000円

 

これに、
どんな方法で産み分けするかによって追加金が発生します。

産み分けゼリー

産み分けで適用される最もポピュラーな方法です。
行為の前にゼリーを使用することで
希望の性別の赤ちゃんを授かることができると言われています。

男の子:グリーン(アルカリ性)
女の子:ピンク(酸性)

それぞれの染色体に有利になるような作用があります。

費用:10,000~20,000



このピンクゼリー、我が家も使ってます^^
詳細はこちらから。

絶対に女の子が欲しいならピンクゼリー!使ってみた口コミ | 子育て小町
3人目は女の子が欲しい! 我が家は上が女の子、下が男の子。 周りからは 「一姫二太郎なんて最高ねー!」 と言われますが、どうやら娘はそうは思っていないようで&( ;

パーコール法

女の子を希望する場合に適用されます。
精液をパーコール液に漬け、
染色体を分けて人工授精させる方法です。

確率はおよそ60~70%

費用:20,000~50,000(1回)

体外受精

精子と卵子を体外で受精させ、
受精卵を子宮内に戻して着床させる方法です。

男女のX,Y染色体を選んで受精させることが可能で、
確率は2~3割

費用:150,000~200,000(1回)

タイミング法

排卵日を予測して行為を行うことで
自然妊娠の確率を高めます。

女の子は排卵日の2日前
男の子は排卵日当日が妊娠しやすいと言われています。

費用:2,000~20,000

スポンサーリンク

期間はどれくらい通えばいいの?

さて、次に気になるのは『期間』ですよね。

よく、産み分けで女の子を希望する場合は時間がかかると言われているそうですが、
実際はどうなのでしょうか??

男の子を希望している場合でも、
期間はどのぐらいかかるものなのでしょうか??

結論から言うと、
産み分けにこれぐらいの期間がかかるという実質的なデータはないそうです。

1回目の挑戦で成功する場合もあれば、
数年かけて成功する場合まで様々だからです。

平均的には半年~1年ほどで授かったというケースが多いそうですが、
検査が重なればその分費用はかさみますし、
期待を持って続けていく根気強さも求められます。

また、いくら順調に検査を進めていても
本人の体調や生活リズム、ストレスなどが影響して
妊娠につながらないということもあるそうです。

いずれにしても
自分の体や私生活に負担がかからない程度に取り組む必要がありますね!

おわりに

妊娠自体奇跡なのですが、
そこに性別を希望するとなるとなかなか難しいのが現状です。

できることなら自然妊娠で希望の性別を授かることが一番望ましいですよね!

自己流でできるものは費用は抑えられるものの確率は下がります。
逆に、医師の指導のもと行うものは
確率も高く、費用も高額です。

もし産み分けを検討しているとう方は医師と旦那さんとしっかり話し合い、
予算に合った産み分けを選んでみてくださいね^^

絶対女の子が欲しい方へ&女の子を産み分ける方法とは? | 子育て小町
赤ちゃんが欲しいと思われているご夫婦は多いかと思います。 「もし可能なら一人目は女の子が良い!」 もしくは、 「一人目は男の子だったから、次は女の子希望!」 と言う方も多い事でしょう。 女の子を待望しているパパママへ& 女の子を産み分ける方法と言うのがあるのです。 しかも、産婦人科でも推奨されているという、信頼できる方法をお伝えしますね^^ また、性別はいつ決まるか、基本的な知識も同時にご説明しますね♪ 赤ちゃんの性別はいつ頃どのように決まる? 性別は精子のもつX染色体、またはY染色体のいずれかが卵子と受精したタイミングで決まります。 性別が決まる性染色体というものがあり、受精した精子がXの場合は女の子が、Yの場合は男の子が生まれます。 女の子’X精子 男の子’Y精子 卵子はもともとXのため、女性側が性別を決定することはできないため、精子の調整が女の子を産むための産み分けには必要となります。 現在分かっている医学では100%の産み分け方法はありません。 今からご紹介する産み分け方法で女の子を希望された場合70~80%の確率となっています。 なにも産み分けをしないで自然に任せるよりは、かなり高確率で産み分けが可能な事に驚きますよね! ただ、産み分けをする上で最初に心に決めて頂きたい事&。 それは、たとえ希望する女の子ではなかった場合でも、変わらずに大切に愛してあげて欲しいのです。 それが出来ないのならば、産み分けはせずに自然に任せて生まれてきた方が、 生まれた赤ちゃんも両親も幸せになれるはずです。 「できる事はやってみて、女の子が生まれたらラッキーだよね^^」 ぐらいの気持ちでトライしてみる、そんな方にお勧めの方法を以下にご紹介しますね。 女の子を産み分けるためにするべき方法は? 女の子を産むには、X精子が必要となります。 酸性に近い女性の膣内で比較的生命力が強い精子がX精子になります。 排卵日の1-2日前に行為をすれば、膣内の酸性度合いが一番高い時期となるため、女の子が生みやすくなります。 排卵日まで精子は生き延びられるのか、と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、 X精子はY精子に比べ寿命が長く、平均48時間程度は生き延びることが可能と言われています。

スポンサーリンク