1b56ddf56514be09215c0d0e29646a11_s

赤ちゃんが離乳食を開始する頃、

同時にストローマグデビューさせるご家庭も多いと思います。

ストローマグで飲めるようになると、

お風呂上りの水分補給やお出かけの時でも

楽にミルクやお茶を飲むことができてママも助かりますよね^^

でもその反面、マグの溝やストローの洗い方が不十分だとカビが生えてしまって

これがなかなか落ちず大変なんですよね ><

丁寧に洗っているつもりでも、

気付いたら黒カビが・・・なんてことも。

そこで今回は、

ストローマグのカビ対策や洗い方について調べてみました!

スポンサーリンク

ストローマグにカビを生やさないためには?

そもそもカビは、洗い落とせなかった汚れや、

ある一定の水分と湿度がもとになって発生してしまいます。

洗剤を付けてよく洗っていたとしても、

その後の乾燥や室内環境によってはカビが繁殖してしまうのです。

では、どうすればカビが発生しないのでしょうか??

 

それは、カビの生えにくい環境を整えることです!

具体的には…

・ストローマグを分解して隅々までよく洗う

・水分を残さないようしっかりと乾かす

・適度に除菌する

 

という3点です!

一般的に売られているストローマグは、分解できるものがほとんどです。

毎回分解して洗うのは少し面倒かもしれませんが、

カビの生えたマグで赤ちゃんにもしものことがあったら・・・

と考える方が怖くないですか?

 

洗うのが大変というママは、

分解した時のパーツが少なくて楽な商品も売られているので

チェックしてみるといいですよ!

特にリッチェルのストローマグは、パーツが少ないので洗いやすく、その上漏れにくいのでオススメですよ^^

楽天で見る

Amazonで見る

ストローマグは漏れない&洗いやすいのが一番!使用してみてNO.1は! | 子育て小町
赤ちゃんが離乳食スタートの時期になると、スパウトやストローマグの練習を始めて、 徐々に哺乳瓶以外の物に慣らしていきますよね^^ でも、このストローマグの厄介なポイントが、「洗いにくい事」です。 綺麗に洗っているつもりでも、茶渋や汚れ、カビが付きやすいんですよね。 せっかく哺乳瓶をせっせと消毒していても、マグが汚かったら意味がない(^_^;) 実はこのマグ選び、何度も失敗を繰り返して来たのですが、その体験を踏まえて「これぞ!」というオススメのものをお伝えします。 ぜひチェックしてみてくて下さい! ストローマグはこう選ぶ!重視したいポイント3つ ストローマグを選ぶ上で、抑えておきたいポイントをお伝えしますね。 漏れにくい 実はストローマグって漏れやすいものが多いんですね。 パッケージには「漏れにくい」と書いてあっても、全然漏れるものも(:_;) 赤ちゃんの水分補給のためにママバッグに入れて持ち歩くことが多いですから、 漏れる物だとママのバッグの中が水浸しという事も&。(体験済み) ジップロックに入れて持ち歩くママも多いですが、取り出しにくさを考えるとできる事なら 漏れないストローマグを選んでおいた方が良いですよね。 洗いやすい 飲み物を長時間入れておくマグって、カビが生えやすかったり、茶渋が付きやすかったりします。 清潔に保つためにも、マグはパーツが細かく分解出来て、洗いやすい物の方が良いです。 そしてお茶は一日中入れっぱなしにしないで、出来る時は午前と午後で入れ替えてあげた方が 衛生的には良いです。 良く見るとお菓子のカスも一緒にマグのお茶の中に入ってたりもするので、気をつけてあげましょう! 替えのパーツが売っている ストローマグは、後々パーツを買い替える事になる事が多いです。 パッキンが劣化したり、茶渋で変色したり、匂いが取れなくなったりするので&。 私はうっかりパーツを無くしてしまい、替えを探すのに苦労した経験も。 今はネットで便利に替えのパーツも替えますが、 できればいつも赤ちゃん用品を買いに行くお店に替えが売っている物を選んだ方が良いですよ^^ 他にも、容量やストローの太さ、持ち手、デザインなど、選ぶ基準はありますが、 ストローの太さや持ち手の持ちやすさは、使っていくうちに赤ちゃんが慣れて何とかなる事が多いです。

逆に、洗うなら細かいところまで徹底的に!というママにオススメなのは、

ピジョンのストローボトルです★

他の商品に比べてパーツが細かく分解できるので、

今まで手の届きにくかった汚れまできれいに洗うことができます^^

楽天で見る

Amazonで見る

 

また、水分を残さないようにしっかりと乾燥させるということも

カビの発生や繁殖を防ぐためには大切なことです。

洗ったあとは風通しのよいところでよく乾燥させましょう。

食器乾燥機があるご家庭でしたら、ぜひ活用することをオススメします!

ただ中には、乾燥機非対応のマグもあるので、

使用前には対応しているかどうかをしっかりと確認しておきましょうね^^

 

梅雨のじめじめした季節や洗ったものがなかなか乾きにくいという場合は、

洗ったあとに熱湯をサッとかけること

乾燥が速く進むのでオススメですよ( ^^*)

カビ菌は、60度以上の熱湯に10分以上つけると死滅すると言われています。

洗剤や漂白剤ばかりに頼るのに抵抗があるというママは、

熱湯をかけてそのまま放置させる方法をオススメします!

除菌と乾燥、両方一気にできるのでとても楽ですよ♪^^

ぜひ試してみてくださいね★

スポンサーリンク

ストローマグを洗う時にこれがあったら超便利!

でもいくら乾燥させたとしても、

汚れが残っていたのでは意味がありません!

ただでさえマグの溝やストローは汚れがたまりやすいのに、

洗うのがなかなか大変ですよね´`

そこで、ストローマグを洗う時に便利なグッズをいくつかご紹介したいと思います!

マグ専用ブラシ

楽天で見る

Amazonで見る

 

楽天で見る

Amazonで見る

 

飲み口や溝の部分は、先の細いブラシを使いましょう!

スポンジで洗っても、隅っこまでは洗いきれませんよね ><

そんな時は専用のブラシで、

隅々までグリグリ掃除しちゃいましょう!( ^0^ )

ストロークリーナー

肝心なストロー部分も、専用のブラシが売られています^^

細さも大小あるので、ストローのサイズに合わせて使い分けができます!

楽天で見る

Amazonで見る

消毒剤

楽天で見る

Amazonで見る

 

毎日使う必要はありませんが、

週一ぐらいのペースで消毒することをオススメします。

この時、一般的な消毒剤や漂白剤を使うのではなく、

赤ちゃんに害のないものを使いたいですね!

この商品は野菜などの食べ物にも使える成分で作られているので、

赤ちゃんのものでも安心して使っていただけます^^

おわりに

いかがでしたでしょうか?

これから頻繁にストローマグを使うようになると

毎回洗うのが大変になってくると思いますが、

赤ちゃんもがんばって成長している証です^^

ママがしっかりとフォローしていけば、

だんだんとストローからコップで飲めるようにもなっていきます。

そうすれば少しは楽になりますよね!

 

ですが、あまりにも汚れがひどい時は買い換えを検討したり、

赤ちゃんが早くコップデビューできるようにお手伝いしていくのも策だと思います^^

どちらにせよ、

赤ちゃんの健康と成長のために、ママがしっかりと管理してあげることが大切です♪

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

ハガブー(HUGABOO)は離乳食に使える?洗濯OK?口コミは?バンボと比較

赤ちゃんがお昼寝から起きない…離乳食のタイミングに困ったら?

5、6ヶ月の離乳食の量は?嫌がる、食べないを解決!

スポンサーリンク