2月3日、今日は節分

娘は幼稚園で節分のイベントがあったようで、お面豆入れを持って帰ってきました^^

まだ年少さんなのに、上出来な作品だったので(親バカ)

作り方と作品をご紹介したいと思います。

 

かなり盛り上がったようで、(泣いてる子も多数だったようですが。)

どんなイベントだったのか、泣いちゃう園児への対策もお話しますね^^

 

スポンサーリンク

保育園、幼稚園の節分の鬼のお面の作り方

年少さんの娘が持ち帰ってきた作品がコチラ!

かわいらしい鬼のお面♪

にっこりしてるので優しそうな鬼に仕上がってますね~。

◆材料

・色画用紙(赤・黄色・白・黒)

・毛糸(黄色)

・輪ゴム2本

・クレヨン

・ハサミ

・のりorボンド

ホチキス

 

◆作り方

1.鬼の顔になる色画用紙を丸く切り取ります。後あと顔のパーツを貼り付けるので、大き目が良いですね^^

2.角を黄色い折り紙で長細い三角に、目とキバは白い折り紙で丸と三角に切ります。

年少さんでも丸や三角、上手に切れるもんですね~^^

3.それぞれのパーツを1で作った顔に貼り付けます。

4.目や鼻、口をクレヨンで書き加えます。

5.毛糸をくしゃっとした形で、のりやボンドで貼って髪の毛にします。

6.頭に付けるパーツを作ります。黒い色画用紙を程よい幅で折って、端に輪ゴムをはさみ込んでホチキスでとめます。

7.6で作ったパーツを顔本体にホチキスでとめます。

 

こちらは全学年同じものを作ったようで、

男の子は青鬼

女の子は赤鬼

を作ったんだそう^^

 

ホチキスは、子供の顔や頭が傷つかないよう、

針の方が外側に来るようにとめてあげると良いですね!

 

スポンサーリンク

保育園や幼稚園の節分の豆入れの作り方

豆入れの作り方も色々ありますが、娘が作ってきたのは一番難易度の低いコップです。

ちゃんと自力で作ってきた雰囲気溢れる作品でした♪

これも、全学年同じものだったようです。

 

作り方は動画をご参照ください^^

とても簡単なので、年少さんでも作れましたよ^^

 

他にも、こんな箱を作って豆入れにするのも良いですね。

何だか昔に折った事があるような気もします^^

 

その他、紙コップや牛乳パックを使った豆入れを作っている園もありました^^

出典:https://mulpix.com/

 

出典:http://ameblo.jp/

こちらの記事にも節分の製作のアイデアについて書いています。

2017年版!幼稚園、保育園の節分の工作とっておきアイデア8選 | 子育て小町
2月3日は節分。 子供の頃は家で豆まきをして、家族で盛り上がったものです。 この頃になると、幼稚園の製作で「節分」をテーマにものづくりをする事かと思います。 年少さんの我が子は、何を作ってくるのか…わくわくしています♪ 今回は、幼稚園や保育園の製作、「節分」をテーマにアイデアをご紹介しますね^^ 年少さん向け!節分の製作のアイデア まずは年少さん向けの節分の工作のアイデア、行ってみましょう^^ 我が子でも作れそうなものを厳選しました! 出典: かわいい鬼の豆入れです♪ 牛乳パックの上の部分をカットして、色画用紙を巻き、折り紙で飾り付けたり、クレヨンで顔を書いたり。 鬼の角も、残った牛乳パックを使って作りましょう! 豆入れを作った後は、みんなで豆まき^^ 一年の厄を払いましょう! 入園した当初は顔も上手に書けなかった子も、ハサミも上手に使って、顔も書けるようになっていたり・・・ このぐらいの時期になると成長を感じますね♪ 我が子の作ってきた製作はこちらの記事でご紹介しています。 出典: 今度は鬼のお面です。 「悪い事すると、鬼さんが来るよ!」 と、小さい頃からママに言われて育った子も多いでしょうから、鬼は子供にとっては恐いもの。 でも、こんなにかわいい鬼ならば恐がらずに作れるのでは^^ 折り紙をちぎって紙皿に貼り、角や顔のパーツを付けて出来上がり♪ 角や髪の毛は、あらかじめパーツを作っておいて貼るだけにすれば、年少さんでも作れそうです。 髪の毛を毛糸にしてもいいかも? 年中さん向け!節分の製作のアイデア 出典: かわいい鬼の帽子です^^ 帽子本体は色画用紙で、折り紙をちぎって髪の毛を作って・・・♪ 子供がかぶった姿はとってもかわいいです。 出典: 今度は首から下げることが出来るタイプの豆入れです。 500mlの小さい牛乳パックを使って作ります。 横の部分を切り取って、横から豆を取り出せるようになっています。 かわいい顔を書いて、飾り付け^^

保育園や幼稚園の節分イベントは何をする?泣く子の対策は?

やはり、鬼が出てきてみんなで豆をぶつけてやっつける!

という、定番のイベントだったようです。

 

全学年共通で、園庭に出て豆まきをしたそう。

 

先生方も結構本気を出すようで、

やっぱり怖くて泣いちゃう子も多かったと(:_;)

 

娘も泣いたようで、帰りのバスで先生に心配されていました(^_^;)

鬼は先生じゃないんだよ!先生の声してなかった!と必死に訴えておりました。。

 

泣いちゃう子への対策は、

・日頃から「鬼さんが来るよ!」と言って脅かさない。

・製作を通して節分と言うイベントを楽しむ。

・後からフォローを忘れない

でしょうか。

 

日頃からいう事を聞かないと「鬼さんが来るよ!」といって脅かしているママ、結構多いですよね~(^_^;)

それでより鬼への恐怖心が増してしまうのかも?

また、鬼のお面や豆入れを楽しく作って、節分は楽しいイベントだと感じていれば、そこまで鬼が怖くなくなるかもしれませんね。

 

それでも怖がって泣いてしまった場合は、

「〇〇ちゃんは良い子だから、鬼なんて来ないよ^^鬼は外!って豆まきしたから、もう大丈夫!」

等と、フォローしてあげましょう^^

おわりに

保育士の知人も、「節分はどうしても子供達恐がっちゃって泣いちゃうんだよね~。」

と言っていました(^_^;)

でも、節分は日本に室町時代から伝わる伝統行事。

ぜひ、風化することなく子供達に語り継いでいってもらいたいものです。

 

園によってこんなにお給料が違うって本当?

 

 

転職したい保育士さんのために&転職サイトランキング! | 子育て小町
子供が大好きで、憧れの職業だった保育士になったけれど& 「今の保育園の先生たちの人間関係に不満がある」 「園長の方針が気に入らないから、他の園に移りたい」 「子供が好きな気持ちに変わりはないから、保育士での転職を考えている」 「今の給料が労働時間と割に合っていないから、もっと条件の良い園があったらと思っている」 「ハローワークでは条件の合う求人が見つからなかった」 様々な不満を抱えている保育士さんも多い事と思います。 実際、私の回りには保育士をしている友人が多いのですが、 仕事での不満をよく漏らしていました。 でも、そんな知人に共通するのが、 「子供が好きだから、保育士は辞めたくない。もっと条件の良い園に移れたらな&。」 という気持ちでした。 実際、同じ保育士での転職を考えている人って多いんですよね。 保育士って、内部を知らない人から見ると、 「子供と和気あいあいと過ごして、楽しそう」 というイメージですが、実際働いていると、 子供達が帰ってからも遅くまで事務仕事。 それでも終わらず、家に仕事を持ち帰って、家で遅くまで工作を作ったり、 製作のアイデアが浮かばないから、自腹で保育士向けの雑誌を購読したり、 仲が良さそうに見える先生同士の人間関係が実はドロドロしていたり、 体調が悪い時でも、子供は容赦なく突進してきて、それでも笑顔で頑張ったり、 常に子供の安全に気を配りながら、イベントを考えて頭をフル回転! ココだけの話、実は嫌な保護者も居るし& こんな激務なのに、他業種と比べて給料が安い!! ただほのぼのとした仕事と言うわけではない、大変な仕事ですよね! それなのに、給与面が満足いかない&という保育士さんが圧倒的に多いんです。 保育士って、小さい子供の成長を間近で見ることが出来て、 「入園してきたときは何も出来なかった子がこんなに成長して&」という感動をたくさん味わうことが出来て、 やりがいのあるとても素敵な職業ですよね^^ 妊娠、出産を挟んでも、保育士に復職するという人も多いですし、これぞ手に職という物だなーと思います。 どうしても今の園に不満があって、それでも保育士として仕事は続けたい、というようでしたら、

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

保育士さんのために!保育園、幼稚園のひなまつりの製作5つ

お店屋さんごっこのおもちゃを簡単手作り!双眼鏡の作り方

お店屋さんごっこのおもちゃ屋さん、手作りアイデア6選

スポンサーリンク