寒い冬の時期は、暖房が手放せません。

そうすると気になるのが乾燥。

乾燥は風邪や嫌なウイルス感染の原因になります。

 

そこで加湿器を購入する家庭が多いと思いますが、

我が家はこの加湿器のせいで子供がぜんそく症状に…。

原因はカビ!!

加湿器は正しい選び方、使い方をしないとかえって悪影響になるんです(..)

 

そこでカビに強い加湿器に買い替える事を決意!

かなり加湿器には詳しくなったので、書きとめておきますね。

スポンサーリンク

最適な室温、湿度は

風邪やインフルエンザなどのウイルスは、乾燥した室内で繁殖します。

また逆に、カビは湿度の高いジメジメした場所で繁殖します。

室温、湿度は高すぎても低すぎてもダメなんですね。

最適なのは

室温25℃、湿度60%です。

部屋には温度計、湿度計を置いて、今の室温や湿度が一目で分かるようにしておくと安心ですね^^

加湿空気清浄器の加湿フィルターの交換目安を過信するな!

まずは我が家が加湿器を買い替えようと決意した経緯から。

 

今まではSHARPのプラズマクラスター搭載の加湿空気清浄器を使っていました。

なんとなく、プラズマクラスター=強そうと言う理由で購入したものです(^_^;)

 

これは内部に青い加湿フィルターがあるのですが、交換目安は10年で、

お手入れは1か月に1回となっていました。

で、今年で4年目だったので、まだまだ行けるだろうと思っていたのです。

でも最近加湿タンクの水が無くなると嫌なにおいがするようになって、

なんかおかしいぞと。

 

で、10年もつんだからと過信していたフィルター内部を見てみたら、

なんとすごいカビ?!水垢?!のようなものがびっしりと!!

これはもう、洗ってどうこうなるものじゃない。

いや、洗った所でもう使いたくない。。

速効処分です。

 

お手入れ方法を調べてみると、重曹やクエン酸を使った方法が推奨されていたのですが、

そんな方法でお手入れした事は一度もありませんでした(^_^;)

加湿器のせいで喘息に…加湿器病に注意

実は娘が喘息の様な症状が出ていて、

年中夜中になると咳き込んで戻してしまったり…という症状に悩まされていました。

 

でも、祖母の家に泊まりに行った時などは症状が出なかったり、

外から家に帰ってくると咳をしたりと言う状況で、

この家に原因があるのでは?と、薄々思っていたのですが、

あれこれ調べるうちに加湿器病なるものがある事を知ります。

 

この加湿器病、風邪と似たような症状なのですが、

・外出先では大丈夫なのに、帰宅すると咳が出る

・症状が出始めたのは、加湿器を使い始めてから

・食物アレルギーやアトピーなどのアレルギー体質である

以上の項目に当てはまる場合は加湿器病の可能性が高いのだとか。

見事に全部当てはまってました…。

あまりにひどい場合は気管が腫れて呼吸困難になり命の危険もあるという、

侮ってはいけない病気なのです。

 

原因は加湿器内のカビや汚れ。

対策としては、

 

・こまめに加湿器内の掃除をする

・加湿器用の除菌剤を使用する

・カビや菌に強い加湿器に買い替える

 

で、我が家が取ったのは新しい加湿器への買い替えです。

スポンサーリンク

電気屋さんに聞いた!2018年版カビに強い加湿器はこれだ!

やっぱりプロのアドバイスが一番!という事で、

電気屋さんにズバリ!カビや菌に強い加湿器はどれなのか聞いてきました。

電気屋さんが言うには、2018年はこの3機種で間違いなし!とのこと。

象印

 

え?これポット?と言う見た目ですが、この加湿器はスチーム式なので、

一度中の水を煮沸して、65度まで冷ましてから蒸気を出すというタイプ。

煮沸してしまえば雑菌も死滅するので安心♪というわけです。

しかも、フィルター掃除は不要!

デメリットとしては、スチーム式のタイプは電気代がかかるという事と、

見た目がポットのようでオシャレさに欠けるという事でしょうか(^_^;)

 

ちなみにこちらの商品は電気屋さんではもう品切れの所が多数だそうです。

ネットで在庫のあるところを見つけられたらラッキーですね♪

ダイソン

 

ダイソンの加湿器は、水をためておくタンクの部分もUVライトで除菌してくれます!

また、菌の温床になるスポンジやフィルターが無いので衛生的です。

また、音も静かなので、寝室で使ってもさほど気にならないかな~という感じでした。

見た目もスタイリッシュですし文句は無いのですが、

唯一のネックは価格でしょうか(^_^;)

加湿器の機能だけでこのお値段は少々お高いかな~、と。

でも、問題なのは値段のみです。

後は文句なしです。

ダイキン

 

ダイキンの商品は、「ストリーマ」と言う機能が付いているものは除菌力に優れていて、

カビや菌が繁殖しやすい内部の加湿フィルターに対しても除菌してくれるそうです。

この点はダイソンのものと機能は似ていますね。

 

加湿空気清浄機でこの内部を除菌してくれるという物は、ダイキンのものしかないそうです。

加湿器の機能も文句なく、空気清浄器にもなってくれてこのお値段なら納得!という事で我が家は購入に至りました。

おわりに

加湿器はカビや菌の心配をしなくていいものを!と言う方には、

この3機種から選ぶことをオススメします。

 

加湿機能だけでいいなら象印かダイソン。

空気清浄も欲しいならダイキン。

 

プロが言う事だから、間違いなしですね^^

赤ちゃんや子供をカビのせいで喘息にしたくないようでしたら、

加湿器選びは慎重に行ってくださいね!

参考にして頂けたら幸いです^^

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

赤ちゃんの冬の暖房事情…夜はつけっぱなしはNG?

石油ファンヒーターは赤ちゃんに危険!冬の暖房対策どうする?

赤ちゃんの冬の服装、寝る時は?スリーパーや靴下は?

スポンサーリンク