妊娠中は悪阻や体の変化で、

ママ自身がとても敏感になっているもの。

自分では気が付かなくても、

肉体的にも精神的にもストレスが溜まる時期です。

ただ、ストレスも放っておくと

胎児や母体に影響があるということをご存知ですか?

 

今回は、妊娠中のストレスの影響についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

妊娠中のストレスは赤ちゃんにどんな影響がある?

妊娠中のストレスの影響で一番気がかりなのは、

やはり赤ちゃんに対してですよね。

 

「お腹にいるのにストレスを感じるの?」

 

と思いがちですが、

ママの心の変化を一番敏感に感じ取っているのは、

実は赤ちゃんなんです!

ではその影響とは??

 

 

母体にストレスがかかると『抗ストレス』というホルモンが分泌され

胎児に影響が出ると言われています。

具体的な影響としては以下です。

切迫早産、切迫流産

切迫早産とは、予定よりも早く生まれてしまうこと、

切迫流産とは、早い時期に赤ちゃんが亡くなってしまうことです。

どちらもストレスからすぐなるものではありませんが、

母体のストレスが大きな要因となることもあるそうです。

成長の遅れ

母体のストレスが原因で栄養がうまく回らず、

栄養が偏ってしまうことが原因です。

ストレスがあまりにも多いと、血管が収縮を引き起こして

血流の循環が悪くなると言われています。

喘息やアトピーなどのアレルギー発症

ストレスの影響で『コルチゾール』というストレスホルモンが分泌され、

そのホルモンが胎児にも影響することで発症リスクが高まります。

情緒不安定

ママがイライラすることで胎児も不安な気持ちを抱きやすくなります。

生まれたあとも寝つきが悪く夜泣きがひどかったり、

うつ病と診断される赤ちゃんもいるそうです。

 

スポンサーリンク

妊娠中のストレスはママの体にどんな影響がある?

妊娠中のママが抱えるストレスは大きく分けて

肉体的ストレス』と『精神的ストレス』の2つに分けられます。

ではこの2つのストレスが

母体にどのような影響を与えるのでしょうか?

肉体的ストレス

まずはママ自身の体の変化です。

悪阻で思うように行動できなかったり、

お腹が大きくなることで今まで着ていた洋服が着られなくなるのもストレスの1つです。

 

また、頭痛、腰痛、頻尿、便秘、抜け毛、肌荒れなどを経験すると

今までの自分ではないような気がしてしまうのも仕方のないことです。

精神的ストレス

赤ちゃんがしっかりと育っているか、無事に生まれてくるかどうか。

夫や家族に対しての感情が挙げられます。

 

気にしないようにしていても無意識に周りと比較してしまったり、

不安な気持ちから突然怒ったり泣き出したりしてしまうのも

精神的ストレスが原因だと思われます。

妊娠中のストレス発散法

では、これらのストレスはどのように発散したらいいのでしょうか?

 

 

肉体的ストレス』については、

「妊婦だからしかたない』と思う気持ちが大切です。

特に体型維持に気を遣っていたママにとっては

なかなか現実が受け入れられないかもしれませんが、

赤ちゃんのために体がふっくらして体重が増えることはとても重要なことです!

出産後は、授乳やせわしない毎日でいやでも体型が戻っていきます。

 

もしも体型が気になるようであれば、

適度な運動もオススメですよ!

妊婦さんのためのヨガやスイミングなどもあるので

気分転換にやってみるのもいいかもしれません^^

ただし過度な運動は母体に影響を与えかねないので、

必ず医師の許可をもらってからにしましょうね!^^

 

 

精神的ストレス』については、

ママの気持ちの持ちようが要だと思います!

妊娠期間は長いようでとても短いもの。

出産すれば、あっという間に忙しい毎日に早代わりです。

 

今は、お腹の赤ちゃんと過ごせる唯一の時間なので

毎日話しかけてコミュニケーションを取ったり、

一緒にお昼寝やお風呂に入っているつもりになると自然と気持ちもリラックスしませんか?^^

 

お腹が重くなり、思うように動けない時は

今までどおりに家事をやろうなんて思わなくてもいいんです!

旦那さんや周りの家族に頼って、

家事に対しても楽観的になってもいいと思います♪

そして、体調が悪い時は無理をせず

しっかりと体を休めることも大切ですよ!

温かいものを飲んだり、好きなアロマを焚いたり、

体調がいい時は友達とランチやショッピングに行くのもいいですよね^^

 

ママが楽しそうにしていれば、

お腹の赤ちゃんだってうれしいはずですよ♪

妊娠中に旦那や姑にイライラ…ストレス発散法決定版! | 子育て小町
妊娠中はいろいろなことに敏感になりがち。 今までと同じように生活していても、 ちょっとしたことでストレスを感じてしまうことも多いですよね。 特に身近な旦那様や、 孫の誕生を心待ちにしている姑との間で感じるストレスが一番多いようです。 ですが、妊娠中こそストレスは禁物!! お腹の赤ちゃんのためにも、 ママがリラックスできる環境がとても大切です! そこで今回は、妊娠中に感じた旦那や姑に対するイライラや、 その対処法についてご紹介します。 妊娠中に旦那や姑にイライラした事例 妊娠して悪阻を経験したり、 だんだんとお腹が大きくなってきて思うように動けなくなってくると 日常生活の中でイライラすることが多くなってきますよね。 相手は悪気がなくても ちょっとした言葉や仕草にイラッ!!としてしまうものです。 世間のママは、どんなことにストレスを感じているのでしょうか? 旦那からのストレス 悪阻への理解不足 ほとんどの妊婦さんが経験する『悪阻』。 本や雑誌には、「二日酔いみたいなもの」と書いてあることもありますが、 そのつらさと言ったら女性にしかわからないですよね。 「大げさなんじゃない?」 「そんなにつらいの?」 などという言葉ほどイライラするものはありません。 時には、会話をすることでさえつらいことだってあるんです。 つらさがわからないのであれば、そっとしておいてあげることも優しさだと思います。 家事への文句 思うように体が動かず、家事もろくにできないママに対して 「ごはんまだ?」 「部屋が汚いよ?」 などと平気で口にする旦那です。 寝たきりでさえつらいのに、当たり前のように家事を求めてくる。 その『当たり前』という概念はなくしましょう。 携帯をいじるヒマがあるなら、昼寝をするヒマがあるなら、 全部ではなくても、家事の1つぐらいできますよね? ママができないのであれば、パパが率先して家事をしましょう! 配慮が足りない まだ子供が生まれていないからと、タバコやお酒を続けているパパです。 副流煙以外に、 換気扇の下や外で吸っていたとしても体や衣服についたタバコの有害物質は 妊婦さんへ少なからず影響があります。 またママがお酒好きの場合は、

おわりに

いかがでしたでしょうか?

初産や完璧を求めてしまいがちなママにとっては

人より多くのストレスを抱えてしまいそうになりますが、

今の自分にできることをのんびりやったり、

気分転換になるものを見つけるだけでもだいぶ違うと思います^^

 

妊娠は奇跡です!

お腹に宿ってくれた赤ちゃんのためにも、

ストレスフリーな妊婦ライフになるといいですね!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

妊娠中の立ち仕事でストレスも重なり出血!後期の腰痛はこう乗り切った!

トコちゃんベルトの切迫早産への効果は?悪化する事は無いの?

赤ちゃん、子供にわきがは遺伝する?10人に1人はワキガ!

 

スポンサーリンク