赤ちゃんが欲しいと思われているご夫婦は多いかと思います。

「もし可能なら一人目は女の子が良い!」

もしくは、

「一人目は男の子だったから、次は女の子希望!」

と言う方も多い事でしょう。

 

女の子を待望しているパパママへ…

女の子を産み分ける方法と言うのがあるのです。

しかも、産婦人科でも推奨されているという、信頼できる方法をお伝えしますね^^

また、性別はいつ決まるか、基本的な知識も同時にご説明しますね♪

赤ちゃんの性別はいつ頃どのように決まる?

性別は精子のもつX染色体、またはY染色体のいずれかが卵子と受精したタイミングで決まります。

性別が決まる性染色体というものがあり、受精した精子がXの場合は女の子が、Yの場合は男の子が生まれます。

女の子→X精子

男の子→Y精子

卵子はもともとXのため、女性側が性別を決定することはできないため、精子の調整が女の子を産むための産み分けには必要となります。

 

現在分かっている医学では100%の産み分け方法はありません。

今からご紹介する産み分け方法で女の子を希望された場合70~80%の確率となっています。

なにも産み分けをしないで自然に任せるよりは、かなり高確率で産み分けが可能な事に驚きますよね!

 

ただ、産み分けをする上で最初に心に決めて頂きたい事…。

それは、たとえ希望する女の子ではなかった場合でも、変わらずに大切に愛してあげて欲しいのです。

それが出来ないのならば、産み分けはせずに自然に任せて生まれてきた方が、

生まれた赤ちゃんも両親も幸せになれるはずです。

「できる事はやってみて、女の子が生まれたらラッキーだよね^^」

ぐらいの気持ちでトライしてみる、そんな方にお勧めの方法を以下にご紹介しますね。

女の子を産み分けるためにするべき方法は?

女の子を産むには、X精子が必要となります。

 

酸性に近い女性の膣内で比較的生命力が強い精子がX精子になります。

排卵日の1-2日前に行為をすれば、膣内の酸性度合いが一番高い時期となるため、女の子が生みやすくなります。

 

排卵日まで精子は生き延びられるのか、と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、

X精子Y精子に比べ寿命が長く、平均48時間程度は生き延びることが可能と言われています。

その48時間以内に男の子になるY精子は死んでしまうため、X精子がより有利な立場になるのです。

 

また、3日に1回など比較的間を空けず行為を行い、精子に含まれるY精子をできるだけ減らしておくことをおすすめします。

定期的に射精を行うと、Y精子が増えることを抑える事が出来るのです。

産み分けゼリーを使う方法も

男女の産み分けゼリーを用いるという方法があります。

今は色々なメディアでも取り上げられているので、何となく耳にしたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね^^

当サイトでイチオシしている女の子の産み分けゼリーがこちらの
ピンクゼリー」です。

ゼリーは日本製、産婦人科医と共同開発された商品なので安心です。

実際に我が家もピンクゼリーを使って産み分け実践中です♪

詳しくはこちらの記事で!

絶対に女の子が欲しいならピンクゼリー!使ってみた口コミ | 子育て小町
3人目は女の子が欲しい! 我が家は上が女の子、下が男の子。 周りからは 「一姫二太郎なんて最高ねー!」 と言われますが、どうやら娘はそうは思っていないようで&( ;

まずは正確な排卵日の把握を

まずは、パパママの体調管理を整える事が第一条件です。

不規則、不摂生からママが生理不順ではありませんか?

パパが過度なストレスをため込んではいませんか?

 

まずはママの基礎体温をつけ、正確に排卵日を把握しましょう。

排卵日周辺にトライする事になるためです。

しっかり基礎体温をつけ、排卵日を把握する事によって

自分自身の健康状態が分かり、妊娠しやすい体作りをすることが出来ますよ。

産み分けゼリーの使い方

先ほどもご説明したとおり、膣内は普段は酸性に保たれていますが、排卵日だけはアルカリ性が強くなります。

女の子を作るX精子は酸性に強くアルカリ性に弱いという性質を持っているので、

産み分けゼリーを使用することで膣内を賛成に保ち、

女の子が生まれる確率を上げる、という原理になっています。

 

使い方は簡単で、あらかじめゼリーを注射器状の容器で、膣内に注入すればOKです。

本体は個別包装の上、キャップがしてあるので衛生的ですし、

挿入時もタンポンを使ったことのある方ならば、似たような感覚なので痛みはありません。

産み分けゼリーは、他にも色々商品はあります。

が、ここまで徹底して安全・安心にこだわっている商品は他にありません。

中国産のものも販売されていますし、粗悪な類似品も出回っているので、

購入の際は必ずこちらの公式サイトよりご購入下さいね。

また、胎児に影響を与えると言われている成分が含まれていないか、と言うのもしっかり確認しなければいけません。

化粧品の保存料に使用されることの多い「メチルパラペン」は、胎児の成長に悪影響があるとも言われています。

ピンクゼリーの主成分は、

    • 精製水
    • グリセリン
    • ヒドロキシエチルセルロース
    • 乳酸
    • クエン酸ナトリウム
    • パラオキシ安息香酸メチル
    • エデトサン二ナトリウム
    • ヒアルロン酸ナトリウム

 

と、もちろん有害な成分は含まれていませんので安心です。

その他に気をつけたいポイント

そして性行為を行う時は、行為時間も含め、あっさりめにするよう心がけてください。

女性がオーガニズムを感じすぎると膣内がアルカリ性になるため、Y精子が生き残りやすくなります。

そして射精時には、膣の浅い部分で行うとより良いと言われています。

 

また、チャレンジ日以外は避妊を行ってください。

なぜなら、排卵日以降に行為を行った場合、Y精子X精子の代わりに卵子に到達し受精することを避けるためです。

Y精子は膣内を動くスピードがX精子よりも早いので、行為のタイミングと避妊を心がけなければ、

X精子が待機していてもY精子に負けてしまい、男の子が出来る可能性もあります。

おわりに

ご紹介した通り、女の子を産み分けるための100%の方法はありません。

ただし、可能性を高めることは十分可能です。

女性一人の力では出来ませんし、男性の調整だけでも難しいでしょう。

夫婦で出来ることは行い、待望の女の子が生まれることを祈っています。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

赤ちゃんの性別にまつわるジンクス!5円玉占いって?

妊娠中に旦那や姑にイライラ…ストレス発散法決定版!

高齢出産40代で3人目を自然妊娠、出産した私の体験談