赤ちゃんがもうすぐ生まれるママ。

出産後の必要なグッズを色々調べておられる時期でしょうか。

そんな中で、赤ちゃんが1番長い時間を過ごすベビーベッド

ただ時期を過ぎると必要なくなるため、買うのを迷っていませんか?

ベビーベッドの必要有無をお答えします。

そしてベビーベッドの代用方法をご紹介しますので、

購入時の検討材料にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ベビーベッドは必要?不要?

ベビーベッドはとにかく大きくかさばります。

ママが住んでいる住環境に大きく左右されること間違いなしです。

 

家が決して広くないところにベビーベッドを置くと、それだけで家が狭く感じてしまいます。

また、比較的広めのご自宅に置くと、今度は赤ちゃんが寝ていて、万が一泣いていても気づかないなんてこともあるため、

結局共有スペースのリビングに置く家庭が多く、スペースをとります。

 

また、実際に購入してもベビーベッドで静かに寝てくれる赤ちゃんであれば良いですが、

個性があり、絶対添い寝でないと寝れないという赤ちゃんもいるため、

出産前に購入して購入損にならないように注意してください。

 

今後の子供との寝方の家庭方針もベビーベッドが必要か不要に関わってきます。

川の字で寝たい場合は、ベビーベッドは向きませんが、

寝る時は夫婦で寝る場合は、ベビーベッドがあると安心感を得ることができます。

 

周りにベビーベッドはいらないよ、いるよ、と言われてもご家庭の状況で必要有無が変わるため、

ご家族と話し合ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ベビーベッドを使わないでこれで代用という手段も!

大きなベビーベッドでなくても代用する術はあります。

 

・ソファーに寝かせる
・ベビー用マットレスをひく
・持ち運び可能なベビーサークル

 

それぞれ見て行きましょう。

 

夜寝る時は、お布団で添い寝にするのであれば、

日中の睡眠時間は、ご自宅のソファでも可能です。

もちろん動けるようになると転げ落ちないように注意が必要ですが、

ご自宅のインテリアの雰囲気を変えることなく、赤ちゃんのお世話が出来ます。

 

また、カーペットの上にベビー用マットレスをひくだけでも代用になります。

ソファのように落ちる心配もありませんし、コロコロと転がる時期になっても比較的安全に赤ちゃんが生活できます。

 

周りが囲まれてないと心配と考えるママには、

立派なベビーベッドでなくても持ち運びも可能なベビーベッドがあります。

布団と同じような作りですが、上半身の周りまで囲いがあり、

またマットレスも厚めなので、ちょっとしたベッド間隔で床に寝かせることができます。

利点は持ち運びができるため、夜寝る時はパパママの寝室に移動なんてことも簡単にできますね。

おわりに

ベビーベッドは期間限定のため、わざわざ高いお金を出して購入するには躊躇してしまうと思います。

どうしても決められない場合は、ベビーベッドのレンタルもあります。

しかし、出産後バタバタしている中で、色々考えることは大変ですので、

ご自宅である布団やソファなどを使用しても、十分赤ちゃんのための寝床は作ることができるので、

ご家族でアイディアを出しながら、検討してみてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

ベビーベッドのカビ対策!生えてしまった時の対処法

我が子がかわいい!この可愛さを生かす1番の方法とは?

いないいないばあっ!わーおに赤ちゃんを出演させたい時にするべき3つの事

 

スポンサーリンク