男子だけではなく女子も、最近は欧米化が進んでいるのか、

スラッとした長い手足・長身の子が増えてきました。

そんな中、我が子が小さめだったら気になりますよね。

男子ならなおさら。

 

子供自身も親も、少しでも身長が高くなるように…と思わずにはいられません。

中学・高校と進めば、体の発育も新しい段階へと進み、そこで一気に身長が伸びる子もいますが、

その下積みとしてもできる事があるならば小学生のうちから気を付けたいもの。

小学生の親ができる、身長を伸ばす為の方法について、考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

小学生の身長がグンと伸びる時期は?

さて、まずは小学生の身長が伸びる時期っていつ頃なのでしょうか?

平成26年度版・文部科学省の学校保健統計調査を参考に、

小学生の学年別平均身長を調べてみました。

小学1年生 116.5cm(男子)  115.5cm(女子)

小学2年生 122.4cm(男子)  121.5cm(女子)

小学3年生 128.0cm(男子)  127.4cm(女子)

小学4年生 133.6cm(男子)  133.4cm(女子)

小学5年生 138.9cm(男子)  140.1cm(女子)

小学6年生 145.1cm(男子)  146.8cm(女子)

以上の統計を見ると、だいたい平均的に1年間では6cm前後身長が伸びています。

ですが、小学5年生の段階で、女子が男子の平均身長を追い越しています。

やはり、女子は初潮が始まる小学校高学年から身長がグンと伸びる時期の様ですね。

男子は小学生の間は特にグンと伸びる訳ではなく平均的に伸び、

中学・高校に行ってからグンと伸びる傾向にあるのでは無いかと思われます。

 

スポンサーリンク

小学生の身長を伸ばすために実践したい事

身長を伸ばす為に実践したい事は以下です。

・早寝早起き
・バランスの取れた食事
・適度な運動

この3点です。

 

良く耳にする基本的な事ではありますが、小学生の間は睡眠と栄養が本当に大事になります。

私の息子が習っているスポーツで、世界的にも有名なトレーナーの方の講習を受けた事があります。

講習内容は基本的にはそのスポーツの技術的指導だったのですが(あくまで小学生向けですが)、

その方が最後に『背を伸ばしたいと思ったら、絶対夜10時前には寝ろよ!絶対だ!!』とおっしゃっていました。

やはり、スポーツ選手は体が基本です。

背が高いというだけで有利なスポーツが多々あります。

また、世界的トレーナーでさえ、睡眠の重要性を説いているのです。

 

また、統計データなどがある訳ではありませんが、

一説には、家庭内でのケンカが多かったり、叱られてばかりいる子供は、小柄な子が多いそうです。

小学生は体だけではなく、根本的な気持ちの土台作りにも大事な時期です。

周囲の環境というものにも左右されるのかもしれません。

おわりに

少しでも身長が高い方が、男の子なら格好良く見られるし、女の子ならスタイル良く思われますよね。

たしかにそれは素敵な事ですが、

小学生の間は心身ともに伸びやかに成長してくれる様、神経質になり過ぎず、

暖かく見守っていく事自体が、親が出来る身長を伸ばす効果的な方法になるかもしれませんね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

小学生の子供用リュックサック、女の子向けはこれがおしゃれ5選!

B型肝炎の予防接種の副作用は?小学生でも打つべき?

小学生の学習塾の費用、気になる相場は?平均はいくら?

 

スポンサーリンク