ねんねがうまくできなくて困ったことはありませんか?

すんなり寝てくれる日はいいのですが、

いつまでも遊びたがったり、

布団に入ってもしばらくモゾモゾしていて寝そうにないという経験、

だれでも1度はありますよね( ^^;)

寝かし付けは普段の習慣がポイントとも言います。

 

「夜は一人で寝てくれるようになったけど、お昼寝だけうまくいかない」

「まずは比較的ママの気持ちにゆとりのある、昼寝のネントレからはじめてみようかな?」

 

そんなママのためにお昼寝のネントレに絞って、オススメの方法をご紹介します!

スポンサーリンク

お昼寝のネントレのやり方

ネントレで一番大切なのが、

『日常生活の習慣』つまり、

『規則正しい生活』のリズムを作る事から始めます。

 

起床時間や就寝時間だけでなく、

離乳食やお風呂に入れる時間なども関係してきます。

 

ママの都合で若干前後する分には仕方のないことですが、

できれば毎日同じ時間に行うことで

赤ちゃんの体内リズムが整ってきます。

赤ちゃんのお昼寝時間の目安は以下です。

新生児~2ヶ月

1日の大半を寝て過ごす=計16~18時間

→3~4時間おきに授乳とオムツ替えが必要

生後3~4ヶ月

朝/昼/夕に1回=計3~5時間

→体内時計が動き始めるので、夜は早めに寝かせ、朝はしっかり起こし昼夜逆転にならないようにする

生後5~6ヶ月

午前/午後の2回=計1.5~3時間

→黄昏泣きや夜泣きがスタート。昼間はたくさん遊ばせて疲れさせる

生後7~8ヶ月

午前/午後の2回=計1.5~2時間
→眠たそうにしていればお昼寝させる程度で、しなくてもOK

生後9ヶ月~1歳

昼間1回=計1~2時間

→生活リズムを掴むために、午前中のお昼寝はやめて良い頃

 

皆さんのお子さんのお昼寝と比べるとどうでしょうか?

いずれの月齢も、午前、午後のお昼寝はなるべく早い時間帯に。

1回のお昼寝が3時間以上になると次のお昼寝に支障が出たり、

夜に寝ない原因にもなってしまいます。

 

お昼寝時間はママがしっかりと調整してあげることが大切です^^

お昼寝の時間のことを考えて、

間で離乳食やお風呂を入れてあげましょう。

 

中には、抱っこでないと寝てくれないという赤ちゃんもいると思います。

抱っこはママに密着でき、ママの心臓の音を聞いて安心できるので

月齢の低い赤ちゃんのうちは抱っこでの寝かし付けでもOKです。

抱っこじゃないと寝ない赤ちゃん、お昼寝は抱っこしたままなのはNG? | 子育て小町
赤ちゃんって、抱っこ紐で抱っこやおんぶをしていると、よく寝てくれませんか? 特に上の子が居ると、布団に寝かせると騒ぎ声で起きてしまったり、ちょっかいを出されたりで、なかなかゆっくり寝かせてあげられなかったりします^_^; なので、結局おんぶや抱っこしっぱなしのお昼寝になる事がしばしば。 ところで、このおんぶや抱っこしたままお昼寝って、赤ちゃんの成長に問題があったりするのでしょうか? 気になったので、調べてみました。 また、赤ちゃんを起こさず布団に寝かせる方法もご紹介します。 赤ちゃんがお昼寝ですぐ起きてしまう原因 レム睡眠、ノンレム睡眠という言葉を聞いたことはありますか? レム睡眠というのは、浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態の事。 逆にノンレム睡眠というのは、深い眠りで脳も身体も休んでいる状態の事を言います。 人間の眠りは、このレム睡眠とノンレム睡眠が交互に繰り返されています。 大人の場合ですと、レム睡眠の度に目覚めるという事は少ないですが、 赤ちゃんの場合は眠りが浅いので、レム睡眠の時に目を覚ましてしまうのです。 なので、眠りが浅いときに、お腹がすいていたり、オムツが冷たかったり、ちょっとした物音だったりで目を覚ましてしまうんですね。 一人目の子は、物音に敏感になりやすい? これは私の経験談ですが、 一人目の子の時は、せっかく寝たから起こさないようにと、寝ている時はテレビを消したり、 台所でも物音を立てないように気を付けたりと、音に対してかなり神経質に育てていました。 そのせいか、1~2歳ごろまでは音に対して神経質な子になってしまってました(^_^;) 親が気にしすぎるのも、良くないかもしれません。 普通に生活している物音は、気にする必要はなかったかなと、今では思います。 これは大人になっても影響しているのか、長女として産まれた私は、静かな空間じゃないと眠れません。 一方、うるさい中育ってきた妹はどんな所でも眠る事ができます。 「確かにそうかも!」 と、当てはまる方も多いのではないでしょうか? 「抱っこやおんぶしたまま昼寝」の健康への影響 色々調べてみましたが、抱っこやおんぶしたまま昼寝をさせる事によって、

ただ、少しずつ添い寝または1人でねんねできるようにしていくのも

ネントレの1つです!

やり方としては、まずは1人で寝かせてみる!

5分でも10分でもいいです!泣いたっていいんです!!

まずはやってみましょう^^

その後は抱っこに切り替えて寝かしつけてあげましょう。

そうやって、少しずつ時間を延ばして慣れさせていくのがネントレです!

 

スポンサーリンク

ネントレが上手くいかない時はこうする!

でもやはり、

ネントレが上手くいかないということもあると思います( ;; )

忙しいママにとっては、

1分でも早く、そして長く寝てほしいと思いますよね。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか??

授乳/オムツ替え

眠れない原因として、

お腹が空いている、オムツが濡れているということもあります。

まずはお昼寝する前にしっかりと授乳し、

オムツが濡れていないか確認してあげましょう^^

部屋の環境を整える

室温は暑くも寒くもない適度なあたたかさで、

カーテンを閉めて薄暗くし、

テレビなどの音もシャットアウトできる環境にしましょう。

赤ちゃんはとても敏感なので、

少しの物音やリビングからの光の漏れなどですぐに起きてしまうこともあります。

ぐっすり寝てもらうためにも、環境をしっかりと整えてあげましょう^^

>>赤ちゃんのお昼寝の場所はどこが最適?昼夜逆転を治すには

定位置を決める

できればお昼寝する場所と夜寝る場所は

同じベッドやお布団が好ましいです!

「ここが寝る場所だ」と赤ちゃんに認識させることができるからです( ^^ )♪

おくるみでくるんで寝かせる

特に冬の場合は布団が冷たいので、

寝かせる時はおくるみやバスタオルなどでくるんであげると良いです♪

ママのあたたかい腕の中から布団に移動した時は特に感じやすく、

びっくりして起きてしまうこともあると思います。

なので、あらかじめおくるみで包んで寝かしつけると、そのままベッドに降ろしても起きない事が多いです。

 

眠ってしまった赤ちゃんをくるんでベッドに運ぶこともできる、せんべい座布団も人気ですよ♪

新生児に安心のせんべい座布団の口コミ!お得に買う方法は? | 子育て小町
せんべい座布団ってご存知ですか? 今インスタグラムで話題になっている赤ちゃん用の座布団があるんですが、 このせんべい座布団を使って撮影した寝相アートの写真がとてもかわいい!と評判なんです♪ せんべい座布団の魅力、お得に購入する選び方をお教えしますね♪ せんべい座布団って何? せんべい座布団と言うのは、京都の【洛中高岡屋】と言うお店が販売している商品で、 赤ちゃんが使う事に特化して作られた、まあるい形のふかふかの座布団です^^ 一つ一つ職人さんが手作りで作っていて、柄もカラフルで可愛い!! これは写真映えもするのでインスタで話題になるのも頷けます。 赤ちゃんって、寝返りをするようになると、うっかりベッドやソファーに寝せていて落下してしまうなんて事故もあったり、 だからといって、今はどこの家もフローリングの床が多いと思うので、床に寝かせるのは冷たいし&。 毎日洗濯するわけでは無いカーペットの上に寝せるのも何か嫌だなぁ&。 そんなお悩みを叶えてくれるのが、このせんべい座布団なんですね♪ かわいいインスタでの写真の数々& インスタではこんなにかわいい写真がたくさん♪ Yuamamさん(@yrmam22)がシェアした投稿 – 2017 2月 12 11:33午後 PST asaさん(@asa_gohann)がシェアした投稿 – 2016 3月 28 10:28午後 PDT ママ達の間で、せんべい座布団で写真を撮るとかわいく撮れる♪と、話題なんです^^ せんべい座布団は実用面も言う事なし! ただかわいいだけの座布団では無く、実用面でもとっても優れています。 赤ちゃんに使う上でとても安心な素材で、染料や、漂白を行っていません。 オーガニック素材の様な自然な風合いの生地です。 赤ちゃんって、吐き戻しやうんち漏れなんかで何かと汚しがちですが、 替えカバーは自宅で洗うことが出来るので安心です! (本体は布団クリーニングで洗濯します。) また、替えカバーはチャックではなく紐で結んで止めるタイプなので、 デリケートな赤ちゃんのお肌を誤ってチャックの金具で傷つける心配もありませんよね。 また、中にはたっぷりの綿が入っていてボリュームがあるので、

また、赤ちゃんでも使える湯たんぽも売られているので、

赤ちゃんが寝る前にセットしてあたためておくのも1つの手です!

 

ベビーマッサージをする

お昼寝をする前の10~15分をマッサージの時間にすると、

赤ちゃんもウトウトしてすんなり寝てくれることが多いようです。

頭、お腹、腕、足、背中を順々にマッサージしていきます。

力は入れすぎず、声かけをしながらしてあげると赤ちゃんも喜びます^^

支援センターなどに行くとやり方を教えてもらえますよ♪

 

ママの生活習慣を見直す

妊娠時は食事に気を遣っていたと思いますが、

今はどうですか?

甘いものを好んで食べたり、コーヒーなどのカフェインを飲んだりしていませんか?

 

糖分は母乳の出が悪くなったり、

カフェインは鉄分やカルシウムの吸収が悪くなると言われています。

実際にコーヒーを飲んだ後に授乳すると、

赤ちゃんがなかなか寝てくれないという事例がたくさんあるそうです。

今はデカフェなどのカフェインレス飲料が多く出ています。

タンポポ茶ルイボスティも飲みやすいので、

ぜひそういったものにシフトしてみてくださいね^^

 

悩む主婦

でも、タンポポ茶って癖があって飲みにくいんだよね…。

 

そんなママにも「飲みやすい!」と好評のタンポポ茶があります。

【ママナチュレ たんぽぽ茶】

味はルイボスティーの様な味わいで、もちろんノンカフェイン。

ママの美容にも良いたんぱく質や美容成分も配合^^

一度タンポポ茶の味が苦手で断念したママにオススメですよ。

おわりに

なかなか寝付いてくれないとママもイライラしがち。

でもそのイライラが原因で赤ちゃんが寝てくれないということもあるんですよ?

 

まずはママがリラックスをすること^^

赤ちゃんによってはお昼寝が必要ない子や、

周りよりも短くてもいい子もいます。

寝てくれないと家事もなかなか思うようにできなくなると思いますが、

まずは赤ちゃんのことを第一に( ^^ )

家事は100%こなそうなんで思わず、

もっと楽に考えれば気持ちも軽くなりませんか?

 

赤ちゃんが気持ちよくお昼寝できる方法が見つかるといいですね♪

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

ネントレの本で人気のオススメ5選!実践したママの口コミ

正しいネントレの方法で、ママも夜ゆっくり寝れる?

ベビーマッサージは睡眠に効果あり?夜泣きに悩むママへ…

 

スポンサーリンク